7pay(セブンペイ)とナナコの違い比較デメリット。使い方&選ぶ理由は?

更新日:

ヘッダー セブンペイ紹介

 

7payは使うべき?

 

セブンイレブンが独自のQRコード決済サービス「7pay(セブンペイ)」をスタートすると発表して注目を集めています。

普段からセブンでお買い物してる方にとっては、nanaco(ナナコ)との違いも含めてお得かどうか気になるところだと思います。

結論から言うと、セブンペイはナナコよりもお得になる仕組みとなっています。

ただ、同じQRコード決済サービスであるPayPay(ペイペイ)やLINE Pay(ラインペイ)、また従来の電子マネーであるsuicaなどを上回るほどのメリットがあるとまでは現段階では言い難く、積極的には選びづらいです。

しかし、今後セブンイレブンがセブンペイ利用者にお得なキャンペーンをどんどん打ち出してくる可能性は高く、普段から通っている方なら注目しておく価値はあると思われます。

以下にセブンペイの特徴と他の電子マネー、スマホ決済と比較して見えてくるメリット・デメリットについて解説していきます。

 

「結局、電子マネーやスマホ決済って今どれが一番便利なの?」という方はこちらをご覧ください。

電子マネーおすすめ比較ランキング!最強スマホ決済の種類&やり方2019

 

スポンサーリンク

 

「7Pay(セブンペイ)」とは

セブンペイアプリ

※画像元:セブン&アイホールディングス

 

改めてセブンペイとは、セブンイレブンなどを運営するセブン&アイが提供するQRコード決済、スマホ決済サービスです。

QRコード決済はすでにPayPayやLINE Payなどがありますが、「どのスマホでも使える」「ユーザーどうしの送金が可能」「お店側も導入しやすい」などの理由で普及が進んでおり、セブンイレブンもこの流れに乗ったかたちです。

セブンペイを使うには、専用アプリをダウンロードする必要があります。

 

  • アプリから最短2タップでかんたん登録
  • 店頭レジ、クレジットカード、セブン銀行ATMからチャージ可能
  • セブンペイ支払いでnanacoポイントが貯まる

 

このようにセブンペイは「かんたん」「便利」「おトク」をコンセプトにしており、使い勝手の良さは期待できそうです。

またセブンペイはクレジットチャージも可能なため、「セブンペイ支払いによるポイント獲得」と「クレジットチャージによるポイント獲得」というポイント2重取りもできるのではと期待されています。

 

どう違う?ナナコとセブンペイを比較

これまではセブンイレブンの電子マネーと言えばnanaco(ナナコ)でした。

 

ナナコカード

 

店頭やクレジットカード等でチャージしたナナコで支払えば、100円の支払いあたり1nanacoポイント(1円相当)がたまり、これをチャージに当てて使える(つまりポイント還元率は1%)というわかりやすい仕組みでした。

ただしこのナナコのポイント還元率は、2019年7月に1%→0.5%に下げられます。

そのかわり、セブンペイで支払いをするとnanacoポイントが200円あたり1ポイント(還元率0.5%)とセブンマイルが200円あたり1マイル(還元率0.5%)がもらえます。

nanacoとセブンペイの主な比較、違いは以下の通りです。

 

nanaco 7pay
チャージ方法 店頭、クレジットカード、セブンATM銀行 nanacoと同じ
もらえるポイントの種類&還元率 nanacoポイント(0.5%) nanacoポイント(0.5%)+セブンマイル(0.5%)=1.0%

 

セブンマイルとは、セブンイレブンのみならず提携店舗のお買い物でもポイントが貯められるプログラムであり、様々な特典が受けられます。

nanacoポイントとの交換も可能となっています(1マイル→1nanacoポイント、交換は50マイル単位)。

セブンペイが始まる2019年7月以降は、ナナコ支払いよりもセブンペイがお得となります。

ただ率直な印象としてセブンマイルはポイントが2種類に分散するため、複雑でわかりにくくなったと感じざるを得ません。

 

他の電子マネー、スマホ決済と比較してどうなの?

スマホ決済

 

では、セブンペイを他の電子マネーと比較した際の違いはどうなのでしょうか。

以下に、主なスマホ決済サービス(電子マネー、QRコード)との比較を示します。

優れている部分を色付けします。

 

ポイント還元率 使いやすさ 送金機能
7pay 1.0% アプリを開く なし
PayPay 3% アプリを開く あり
LINE Pay 0.5~2.0% アプリを開く あり
楽天ペイ 0.5% アプリを開く あり
suica なし タッチのみ なし
楽天Edy 0.5~1.0% タッチのみ なし
QUICPay、iD なし タッチのみ なし

 

スマホをかざすだけ、という手軽さで言えばsuicaや楽天Edyなどが優れていて、これらは使える店舗もトップクラスに多いです。

またPayPayやLINE Payはポイント還元率が高く、ユーザーどうしの送金が行えるというメリットがあります。

こうして比較するとセブンペイはまだ積極的に選ぶ理由には乏しいと評価せざるを得ません。

PayPayやLINE Payもセブンイレブンで決済可能になったにも関わらず、これらを上回るメリットが見いだしづらい、という点には思わず首をかしげたくなってしまいます。

ちなみに当サイトでは現在、各電子マネーやスマホ決済のおすすめランキングを以下の通りとしています。

 

第1位:交通&買い物に使える便利さ
モバイルSuica

第2位:使えるお店が多い
楽天Edy、QUICPay、iD

第3位:送金サービス&お得さ最強クラス
PayPay

第4位:今、最も高いポイント還元率
オリガミペイ

 

「結局、電子マネーやスマホ決済って今どれが一番便利なの?」という方はこちらをご覧ください。

電子マネーおすすめ比較ランキング!最強スマホ決済の種類&やり方2019

 

まとめ:7payは今後のサービス拡充、キャンペーンに期待!

セブンペイはまだスタートしたばかりということもあって、他の電子マネーやスマホ決済と比較して大きなメリットがあるとまでは言い難いです。

ただ大いに期待したいのはセブンイレブンにおいて「7pay利用者限定キャンペーン」が行われる可能性です。

これまでもセブンイレブンは、ナナコ利用者に対してお得なサービスを日常的に数多く実施してきました。

きっとセブンペイ利用者にも多くの特典を打ち出してくると思われます。

普段からセブンイレブンをよく利用する方はこの点に注目して、おいしいチャンスを見逃さないようにすることをおすすめします。

セブンイレブンのいちファンとして、私も楽しみにしています!

 

「結局、電子マネーやスマホ決済って今どれが一番便利なの?」という方はこちらをご覧ください。

電子マネーおすすめ比較ランキング!最強スマホ決済の種類&やり方2019

 







2019年クレジットカードランキング(カード名クリックで評価レビューへ)

カード名 評価 還元率 ポイント種類&特徴
楽天カード A+ 1% 楽天スーパーポイント 顧客満足度で10年連続1位 楽天を利用しているなら第一候補
Yahoo! JAPANカード A+ 1% Tポイント Tポイントが最も貯めやすく使いやすいバランスに優れる優良カード
リクルートカード※  A 1.2% リクルートポイント(ポンタに交換可能) 無料カードで最もポンタが貯めやすい
ピーワンウィズ A 1.5% ポケットポイント 最強クラスの還元率1.5% 1%は請求額から自動割引 リボ払い専用カード
DCカードジザイル A 1.5% DCハッピープレゼント 最強クラスの還元率1.5% ポイント交換先が豊富 リボ払い専用カード
dカード A 1% dポイント 高還元でdポイントが貯まる。docomoユーザーはポイントがケータイ料金支払いにすぐ使えて便利 年1回使えば年会費無料 ローソンが5%オフ
au WALLETクレジットカード A 1% WALLETポイント auユーザーは年会費無料&ポイントがケータイ料金支払いにすぐ使えて便利
アマゾンカード A 1% Amazonポイント Amazonで還元率1.5%にアップ Amazonで最もお得で使いやすい 年1回使えば年会費無料
レックスカード B+ 1.25% レックスポイント 高還元&ポイントが現金還元されるカード 利用額しだいで年会費無料も可
ビックカメラsuicaカード B+ 1.0% JREポイント&ビックポイント suicaつきカードで一番の還元率 オートチャージで改札が手間いらずに 年1回使えば年会費無料

印は年会費が無料 11位以降を含めた総合ランキングはこちら

おすすめクレジットカード

楽天カード

10年連続顧客満足度ナンバーワンの年会費無料カード。ポイントの貯めやすさ(楽天ポイントが還元率1%でもらえる)、使いやすさ、審査の通りやすさなど、バランスに優れる優良カード。豊富なポイントアップキャンペーンも魅力。

普段から楽天を利用する方なら第一選択肢のカード。

-電子マネー

Copyright© クレジットカードびぎなーず! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.