なぜApplePay(iPhone)でsuica始めるならビューカードが最強なのか?

更新日:

ヘッダー ApplePay+suicaならビューカード

 

ApplePayでsuica=ビューカード!

 

iPhone7から、Appleのモバイル決済サービス「ApplePay」がスタートしました。

特に、電車やバスの利用で使える電子マネー「suica」は利用者も多くより注目を集めています。

ApplePayでsuicaを利用するにはクレジットカードが必須ですが、特に相性が良いのがsuicaを管理するJR東日本グループが発行しているビューカードです。

その特徴、他カードにないメリットは以下の3つです。

  • オートチャージ機能が使える
  • suicaにチャージすれば最強のポイント還元率1.5%
  • 得たポイントはsuicaチャージにそのまま使える

ただし、suicaチャージ以外の通常のクレカ払いとして使う場合には決してお得感が高いとまでは言えないため、基本的にビューカードはsuica専用のサブカードとして使うのがおすすめです。

以下に、ApplePayとsuicaの賢い活用法について述べていきます。

 

  「そもそもクレジットカードって何?」「今おすすめのカードとその理由が知りたい」という方はまずこちらからご覧ください。

2017年更新:便利さ重視!おすすめクレジットカード比較ランキング  



スポンサーリンク

 

ApplePayとは?

rogo

改めてApplePayとは、iPhone7から利用可能となったモバイル決済サービスのひとつです。

iPhoneをタッチするだけで支払いができる、いわゆる「おサイフケータイ」を可能にするシステムとも言い換えることができます。

日本には様々な電子マネーがありますが、ApplePayで使えるのは現在のところ以下の3つに限られます。

  • QUICPay(くいっくぺい)
  • iD(あいでぃー)
  • suica(すいか)

このうち、電車やバスなどで使えるいわゆる「交通系電子マネー」はsuicaのみです。

 

ApplePayでsuicaを使うには?

電車やバスのみならず、最近ではコンビニ、スーパーなどでも幅広く使えて便利なsuica。

このsuicaをiPhone(7以降)で使う方法は2通りあります。

手持ちのsuicaカードをiPhoneで読み取るWalletアプリと、App Storeでアプリをダウンロードして使うsuicaアプリです。

 

Walletアプリ&suicaアプリ

 

主な違いは以下の通りです。

 

Walletアプリ suicaアプリ
suicaカード 必要 不要
チャージに使えるクレカ 一部のクレカのみで可能 ほとんどのクレカで可能

「ApplePayで使えるクレジットカードは限定される」という話がよく出てきますが、それはWalletアプリを使う場合であり、suicaアプリを使うなら、ほとんどのクレジットカードが利用可能です。

 

わざわざsuicaカードを作って読み取る必要がなく、ほとんどのクレジットカードがチャージに使えることから、suicaアプリを使うほうがよりおすすめです。

 

suicaチャージにベストなのは、JR発行のビューカード!

suicaアプリを使うなら、ほとんどのクレジットカードでチャージできるApplePayのsuica。

その中でも、当サイトではsuicaチャージ用のクレジットカードとしてビューカードをおすすめします。

 

※代表的なビューカード「ビュー・スイカカード」

公式サイト

  • 年会費:477円+税(Web明細サービス利用で実質無料)
  • 付与されるポイント:ビューサンクスポイント(1000円ごとに2ポイント)
  • 決済ブランド:VISA JCB MasterCard
  • ETCカード:あり(477円/年)
  • 家族カード:あり(477円/年)
  • 旅行保険:あり
  • ショッピング保険:あり
  • 口座引き落とし日:翌々月4日(月末締め)

ビューカードには様々な種類がありますが、当サイトでは「年会費実質無料」「定期券が付帯可能」という特徴を持つビュー・スイカカードを第一におすすめします。

参照
suicaに有利!ビューカード種類の選び分けポイントとは?(編集中)

 

ビューカードは、suicaを管理するJR東日本グループから発行されているだけあって、suicaチャージに様々な優遇がされています。

そのメリット、特徴は以下の3つにまとめられます。

  • オートチャージ機能が使える
  • ポイント還元率が1.5倍とトップクラス
  • ポイントはsuicaチャージにそのまま使える

ひとつずつ解説します。

 

オートチャージ機能が使える

改札

ビューカードだけで設定できて、最も便利なのがこのオートチャージ機能です。

これを設定すれば、例えばsuicaの残高が1000円をきると、改札口で自動的に3000円がクレジット払いとしてチャージされます(設定金額は変更可能)。

実際に使ってみると実感しますが、わざわざ金額を確認したり、チャージする手間が省けるのはホント便利です。

 

高いポイント還元率1.5%

ビューカードにはVIEWプラスというサービスがあり、乗車券や定期券、suicaチャージなど交通系のサービスをクレジット払いで購入することによって、ポイント還元率が1.5%にアップします。

 

ビュープラス ロゴ

 

ApplePayでsuicaにチャージした場合にも1.5%の還元率で独自のビューサンクスポイントが付与され、これはクレジットカード全体の中でもトップクラスの高還元率となっています。

 

ポイントはsuicaチャージにそのまま使える

一般的にクレジットカードの利用で得られるポイントというのは、用途が限られていたり、わかりづらかったりして使いにくいことも少なくありません。

しかし、ビューカードの利用で得られるビューサンクスポイントはsuicaチャージにそのまま使えます。

 

ポイントチャージ

 

会員専用サイトから申し込むだけでsuicaチャージが完了します。

~~~

これらのメリットを踏まえると、ApplePayでsuicaを使うならビューカードを使うのが一番便利でお得です。

 

ビューカードのデメリットは基本還元率の低さ

ただし、ビューカードはメリットばかりでもありません。

一番のデメリット・弱点は「基本の還元率の低さ」です。

例えばビュー・スイカカードはsuicaチャージに使う場合は「VIEWプラス」によって還元率が1.5%となりますが、それ以外の通常のクレジットカード払いに使った場合は0.5%と平均的な還元率となります。

他には、同じくビューカードの一種である「ビックカメラsuicaカード」だと基本の還元率は1.0%と高いですが、ビューサンクスポイント(0.5%)とビックポイント(0.5%)に分散して付与されるので、使いづらいです。

つまりビューカードは普段の支払い(メインカード)に使うというよりも、suicaチャージ専用のサブカードにするのが最も賢い使い方です。

メインカードを選ぶなら、当サイトが「使いやすさ重視」で選ぶベスト10から選ぶのをおすすめします。

 

※2017年クレジットカード総合トップ10(カード名クリックで評価レビューへ)
カード名 評価 還元率 ポイント種類&特徴
ヤフーカード A+ 1% Tポイント Tポイントが最も貯めやすく使いやすいバランスに優れる優良カード 最短2分で審査通過
楽天カード A+ 1% 楽天ポイント 7年連続顧客満足度1位を獲得 楽天を利用しているなら第一候補
DCカードジザイル※  A 1.5% DCハッピープレゼント 最強クラスの還元率1.5% ポイント交換先が豊富 リボ払い専用カード
ピーワンウィズ A 1.5% ポケットポイント 最強クラスの還元率1.5% 1%は請求額から自動割引 リボ払い専用カード
リクルートカード A 1.2% リクルートポイント(ポンタに交換可能) 無料カードで最もポンタが貯めやすい
dカード A 1% dポイント 高還元でdポイントが貯まる。docomoユーザーはポイントがケータイ料金支払いにすぐ使えて便利 年1回使えば年会費無料 ローソンが5%オフ
au WALLETクレジットカード A 1% WALLETポイント auユーザーは年会費無料&ポイントがケータイ料金支払いにすぐ使えて便利
アマゾンカード A 1% Amazonポイント Amazonで還元率1.5%にアップ Amazonで最もお得で使いやすい 年1回使えば年会費無料
エクストリームカード B+ 1.5% エクストリームポイント 高還元&ポイントの使いみちが豊富 利用額しだいで年会費無料も可
レックスカード B+ 1.5% レックスポイント 高還元&ポイントが現金還元されるカード 利用額しだいで年会費無料も可
印は年会費が無料 11位以降を含めた総合ランキングはこちら

 

 

まとめ:ApplePayでsuica使うならビューカード!

ApplePayでsuicaを使うなら、以下の3つのメリットを持つビューカードがおすすめです。

  • オートチャージ機能が使える
  • ポイント還元率が1.5倍とトップクラス
  • ポイントはsuicaチャージにそのまま使える

ビューカードには様々な種類がありますが、年会費実質無料で使いやすいビュー・スイカカードが現在では最もおすすめです。

ただし、メインカードには必ずしも向いてるとは言えませんので、あくまでsuicaチャージ専用のサブカードとして活用することをおすすめします。

 

↓ビュースイカカードを公式サイトで申し込む↓

 


今一番お得なのは?2017年最新クレジットカードランキングを見る

楽天カードとヤフーカードが最強クレジットカードである4つの理由とは?







ランキング表

2017年クレジットカードランキング(カード名クリックで評価レビューへ)

カード名 評価 還元率 ポイント種類&特徴
ヤフーカード A+ 1% Tポイント Tポイントが最も貯めやすく使いやすいバランスに優れる優良カード 最短2分で審査通過
楽天カード A+ 1% 楽天ポイント 7年連続顧客満足度1位を獲得 楽天を利用しているなら第一候補
DCカードジザイル※  A 1.5% DCハッピープレゼント 最強クラスの還元率1.5% ポイント交換先が豊富 リボ払い専用カード
ピーワンウィズ A 1.5% ポケットポイント 最強クラスの還元率1.5% 1%は請求額から自動割引 リボ払い専用カード
リクルートカード A 1.2% リクルートポイント(ポンタに交換可能) 無料カードで最もポンタが貯めやすい
dカード A 1% dポイント 高還元でdポイントが貯まる。docomoユーザーはポイントがケータイ料金支払いにすぐ使えて便利 年1回使えば年会費無料 ローソンが5%オフ
au WALLETクレジットカード A 1% WALLETポイント auユーザーは年会費無料&ポイントがケータイ料金支払いにすぐ使えて便利
アマゾンカード A 1% Amazonポイント Amazonで還元率1.5%にアップ Amazonで最もお得で使いやすい 年1回使えば年会費無料
エクストリームカード B+ 1.5% エクストリームポイント 高還元&ポイントの使いみちが豊富 利用額しだいで年会費無料も可
レックスカード B+ 1.5% レックスポイント 高還元&ポイントが現金還元されるカード 利用額しだいで年会費無料も可

印は年会費が無料 11位以降を含めた総合ランキングはこちら

おすすめクレジットカード

ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)

Tポイントが最も貯めやすく使いやすい年会費無料カード。高い還元率(1%)で審査も通りやすく、最短2分で審査完了するスピーディーさが評判。楽天よりもTポイントをよく利用する方なら第一選択肢のカード。

楽天カード

7年連続顧客満足度ナンバーワンの年会費無料カード。ポイントの貯めやすさ(楽天ポイントが還元率1%でもらえる)、使いやすさ、審査の通りやすさなど、バランスに優れる優良カード。豊富なポイントアップキャンペーンも魅力で普段から楽天を利用する方なら第一選択肢のカード。

-クレジットカードの基礎知識&活用法
-,

Copyright© クレジットカードびぎなーず! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.