電子マネーおすすめ比較ランキング2019!スマホ最強の選び方&種類

更新日:

ヘッダー 電子マネーの選び方

 

結局、スマホ電子マネーってどれが良いの?

 

コンビニやスーパーなど、最近は多くのお店で電子マネーが使えるようになりました。

特に「スマホ払い」は便利さに優れており、最近は「100億円キャンペーン」のPayPayが話題を集めるなど、より注目度は高まっています。

しかし電子マネーの種類は増え続け、スマホ機種によっては使えないものもあり、使い方や選び方、チャージ方法などがわからないという方も多いのではないでしょうか。

ここではスマホ電子マネーを始めたい方向けに、使いやすさとお得さで最強クラスの電子マネーを紹介し、その賢い選び方、使い方について述べていきます。

結論から言うと、現在のスマホ電子マネーの最強おすすめランキング、それぞれのメリットは以下の通りです。

 

第1位:交通&買い物に使える便利さ
モバイルSuica

第2位:使えるお店が多い
楽天Edy、QUICPay、iD

第3位:友人どうしで送金できる
PayPay

第4位:ポイント還元率が一番高い
Kyash

 

どのメリットをより重視するかでメインの電子マネーを選びわけていくのがおすすめです。

以下に、よりわかりやすくそれぞれの特徴について述べていきます。

 

  「そもそもクレジットカードって何?」「今おすすめのカードとその理由が知りたい」という方はこちらをご覧ください。

2019年更新:便利さ重視!おすすめクレジットカード比較ランキング  



スポンサーリンク

 

おすすめ第1位:交通にも買い物にも!モバイルSuica

まず、普段の交通手段(電車やバス)でSuicaを使える方なら、モバイルSuicaが最もおすすめです。

移動でもお買い物でも同じ電子マネーが使えるというのは、わかりやすくて使い勝手が良いからです。

支払い時もアプリを開いたりせずスマホをタッチするだけで完了するのでスピーディーです。

 

suicaios

 

モバイルSuica対応
iPhone7以降(Apple Pay搭載)
iPhone6以前(Apple Payなし) ×
Androidスマホ(FeliCa搭載)
Androidスマホ(FeliCaなし) ×

※FeliCa=おサイフケータイ

 

モバイルSuicaはiPhoneアプリだと無料、AndroidスマホだとGoogle Payアプリから使う場合のみ無料となります。

モバイルSuicaは交通系電子マネーではありますが、使えるお店の範囲の広さでもトップクラスです(約38万店)。

逆にデメリットとしては、Suica支払いは原則ポイント還元がない、チャージでポイント付与対象になるクレジットカード種類が限られることなどが挙げられます。

モバイルSuicaにチャージするなら、JRグループ発行のビューカード系カードがポイント還元率が3倍(JREポイント0.5%→1.5%)にアップして最もお得です。

ただしビューカード系カードの多くは通常のポイント還元率が0.5%しかありません。

メインカード1枚でまとめてお得にポイントを貯めたいならYahoo! JAPANカードがSuicaチャージには最もおすすめです(還元率1.0%でTポイント付与)

 

楽天カードはSuicaチャージでポイント付与対象外

 

↓Yahoo! JAPANカードを公式サイトから申し込む↓

 

 

おすすめ第2位:加盟店が多い!楽天Edy、QUICPay、iD

普段Suicaを使わない方なら、使えるお店がトップクラスに多い楽天Edy、QUICPay、iDもおすすめです。

これらもスマホをタッチするのみでスピーディーに支払いができます。

 

使える加盟店数
楽天Edy:約50万店
QUICPay:約29万店
iD:約44万店

 

特に楽天Edyは加盟店数で現在最強クラスの電子マネーです。

専用アプリを設定すればスマホのタッチだけで会計でき、残高が減ったら自動的にチャージ(オートチャージ)される機能もあって使いやすさに優れています。

 

エディ

楽天Edy対応
iPhone7以降(Apple Pay搭載) ×
iPhone6以前(Apple Payなし) ×
Androidスマホ(FeliCa搭載)
Androidスマホ(FeliCaなし) ×

※FeliCa=おサイフケータイ

 

最も相性の良い楽天カードをチャージに使えば、楽天スーパーポイントが還元率1%でもらえ、これもまた楽天Edyのチャージに使えます。

 

ポイント還元

 

ただし楽天Edyは、おサイフケータイ対応(FeliCa搭載)のAndroidスマホでしか使えないというデメリットにも注意が必要です。

おサイフケータイ対応のAndroidスマホ持ちで最も多くのお店で使える電子マネーというメリットに一番の魅力を感じるなら「楽天Edy+楽天カード」の組み合わせがおすすめです。

 

↓楽天カードを公式サイトから申し込む↓

 

 

そして、楽天Edyに次ぐ加盟店の多さがメリットのQUICPayとiD。

これらは後払いタイプ(ポストペイ)の電子マネーです。

 

電子マネー

 

QUICPay、iD対応
iPhone7以降(Apple Pay搭載)
iPhone6以前(Apple Payなし) ×
Androidスマホ(FeliCa搭載)
Androidスマホ(FeliCaなし) ×

※FeliCa=おサイフケータイ

 

対応するクレジットカードを専用のアプリに登録しておけばスマホをタッチするだけで会計ができて、後日に利用金額がクレジットカード払い扱いで口座から引き落とされます。

通常のクレジットカード払いと同じようにポイント還元も受けられます。

つまりQUICPayとiDは「クレジットカード払いの一種」とも言えます。

 

QUICPayとiDはシステムを提供している会社、対応しているクレジットカードが異なるだけで仕組みはほぼ同じです。

 

QUICPay、iDも使えるお店の数は多く、こちらもスマホ電子マネーの有力な選択肢のひとつと言えます。

ただし、すべてのクレジットカードやスマホがQUICPayやiDに対応しているわけではなくわかりづらいというデメリットもあります。

ちなみに当サイトいち押しのYahoo! JAPANカード、楽天カードはどちらもiPhone+QUICPayとして利用可能です。

iPhoneだと楽天Edyは使えませんので、iPhone持ちの方は「Yahoo! JAPANカード+QUICPay」「楽天カード+QUICPay」も有力な選択肢と言えます。

 

↓Yahoo! JAPANカードを公式サイトから申し込む↓

 

↓楽天カードを公式サイトから申し込む↓

 

 

おすすめ第3位:送金できる電子マネー!PayPay

そして、ここまで挙げた電子マネーにはない送金サービスが使えるというメリットを持つのが、ヤフー&ソフトバンクが提供するPayPay(ペイペイ)です。

 

ロゴ

楽天Edy対応
iPhone7以降(Apple Pay搭載)
iPhone6以前(Apple Payなし)
Androidスマホ(FeliCa搭載)
Androidスマホ(FeliCaなし)

※FeliCa=おサイフケータイ

 

PayPayアプリを入れてる人どうしなら、手数料無料で簡単スピーディーに残高を送りあえます。

これはSuicaや楽天Edy、QUICPay、iDにはない便利機能です。

LINE PayやKyashなどにも送金機能がありますが、今急速に利用者を増やしているPayPayが送金できる電子マネーとしては今後メジャーになっていく可能性が高いと思われます。

またPayPayはQRコード決済なので、原則どのスマホ機種でも利用可能であり、これは送金サービスを利用するうえで大きなメリットです。

PayPayでの支払いはアプリからQRコードを示すか、お店側のQRコードを読み取ることで行います。

そしてPayPayで支払うと0.5%のポイント(PayPayボーナス)が残高に還元されます。

また、PayPayにクレジットカードでチャージすればポイント二重取りも可能です。

例えば楽天カードを紐付ければ、以下の通り合計1.5%のポイント還元が受けられます。

 

楽天スーパーポイント1.0%+PayPayボーナス0.5%還元率1.5%

楽天カード&PayPay

 

こうした「お得さ」という点でもPayPayは優れています。

その一方、Suicaや楽天Edyなどのタッチ式に比較するとアプリからバーコードを示すひと手間がかかる、始まったばかりの電子マネーなので使える店舗数がまだ少ない、などのデメリットもあります。

ちなみにPayPayのチャージには、同じくヤフー系列が発行するYahoo! JAPANカードのみが「一定金額のチャージ」「使ったぶんだけチャージ」の2つの機能が使えて最も便利となっています。

 

↓Yahoo! JAPANカードを公式サイトから申し込む↓

 

 

おすすめ第4位:ポイント還元率が最強!Kyash

支払い時のポイント還元率の高さにとにかくこだわりたい!という方にはKyashもおすすめです。

 

アプリアイコン

Kyash対応
iPhone7以降(Apple Pay搭載) ×
iPhone6以前(Apple Payなし) ×
Androidスマホ(FeliCa搭載)
Androidスマホ(FeliCaなし) ×

※FeliCa=おサイフケータイ

 

Kyashは専用アプリをダウンロードして「QUICPay払い」の設定をすることでスマホ払いが可能となります。

Kyashは支払いに使うと2%のキャッシュバックが受けられ、さらにクレジットカードでチャージすればポイントの二重取りも可能となります。

例えば楽天カードをチャージに使えば、合計で3%のポイント還元となり、これは現在の電子マネーの中では最強クラスです。

 

楽天カードでkyashチャージ

 

ただし、おサイフケータイ対応(FeliCa搭載)のAndroidスマホでしか使えない、QUICPay払いへの設定がやや複雑、Kyashはシステム障害が多く決済スピードもやや遅い、などデメリットがやや多めな点にも注意が必要です。

 

 

電子マネーへのチャージはクレジットカードが便利&お得!

改めてスマホ電子マネーの最強おすすめランキング、選び分け基準を示すと以下の通りです。

 

第1位:交通&買い物に使える便利さ
モバイルSuica

第2位:使えるお店が多い
楽天Edy、QUICPay、iD

第3位:友人どうしで送金できる
PayPay

第4位:ポイント還元率が一番高い
Kyash

 

それぞれに長所がありますので、あなたの持っているスマホ機種やライフスタイルによって、どれをメインにするか選び分けていくのをおすすめします。

そしてスマホ電子マネーをより便利にするのがクレジットカードとの連携です。

銀行口座などからの入金よりも、クレジットカードからのチャージのほうが最もスムーズなうえに、各種のポイント還元も受けられるからです。

特に当サイトでは「使いやすさ」「お得さ」を重視したクレジットカード選びをコンセプトに、Yahoo! JAPANカード、楽天カードを一番におすすめしています。

 

楽天カード&ヤフーカード

 

電子マネーへのチャージ対応はそれぞれ以下の通りです。

 

Yahoo! JAPANカード 楽天カード
モバイルSuica ○ ※1
楽天Edy ×
QUICPay × ○ ※2
iD × ×
PayPay ○ ※3
Kyash ○ ※3 ○ ※3

※1 チャージ可能だがポイント付与の対象外
※2 iPhoneのみ利用可能
※3 VISA、MasterCardのみ利用可能

 

Yahoo! JAPANカードも楽天カードも多くのスマホ電子マネーに対応しており、チャージ用としてもおすすめです。

 

Yahoo! JAPANカードは現在トップクラスのポイント還元率1.0%で、なおかつ日本最大級のポイントサービスであるTポイントがもらえるのが一番のメリットです。

つまり最もTポイントが貯めやすく使いやすいクレジットカードです。

 

Tポイント

 

Yahoo! JAPANカードは「Tポイントカード一体型」であり、貯まったTポイントはYahoo! JAPANカードを提示することでそのまま利用可能です。

 

Tカード一体型

 

また、Tポイントアプリを使えば現在のTポイント残高をいつでも確認できますし、そこからバーコードを提示すればスマホからのTポイント支払いも可能となります。

 

モバイル

 

Tポイントが使える主なお店
ツタヤ、ファミリーマート、ソフトバンク、吉野家、三越伊勢丹、ヤフーショッピング、LOHACO、マルエツ、スリーエフ、ジョナサン、スポーツデポ、ドラッグイレブン、その他多数

参照
Tポイント加盟店一覧(外部サイト)

 

例えば私は貯まったTポイントはファミリーマート吉野家での支払いによく使っています。

 

ファミマ吉野家

 

年会費無料スピーディーな審査入会時のポイント特典なども大きな魅力となっています。

 

Yahoo! JAPANカードでチャージできる電子マネー

モバイルSuica、PayPay、kyash

 

↓Yahoo! JAPANカードを公式サイトから申し込む↓

 

 

そして楽天カード。

楽天カードによる支払いで付与される楽天スーパーポイントは、日本最大級のネットショッピングモール(ネット商店街)である楽天市場をはじめ、楽天ブックス、楽天オークション、楽天銀行など様々なサービスで利用可能です。

 

ポイント

 

貯まった楽天スーパーポイントはアプリからいつでも確認でき、1ポイント(=1円)から簡単に使うことが可能です。

また、アプリからバーコードを表示すれば、提携している様々なお店でも楽天スーパーポイントを支払いに使う事が可能です。

 

ポイントアプリ

 

楽天スーパーポイントが使える主なお店
マクドナルド、ミスタードーナツ、くら寿司、つぼ八、デイリーヤマザキ、ビックカメラ、ソフマップ、コスモ石油など

参照
楽天スーパーポイント加盟店一覧(外部サイト)

 

ちなみに私は楽天スーパーポイントが貯まったら、楽天のサービスよりも主にマクドナルドミスタードーナツでの買い物に使っています。

 

マクド

ミスド

 

楽天カードもYahoo! JAPANカードと同じく年会費無料スピーディーな審査入会時のポイント特典が評判です。

 

楽天カードでチャージできる電子マネー

モバイルSuica、楽天Edy、QUICPay、PayPay、kyash

 

↓楽天カードを公式サイトから申し込む↓

 

 

Tポイントをよく使う方はYahoo! JAPANカード、楽天スーパーポイントをよく使う方は楽天カード、という選び分けもおすすめです。

 

まとめ

スマホ電子マネーは、あなたのライフスタイルやどのメリットを重視するかによって選び方が変わってきます。

 

第1位:交通&買い物に使える便利さ
モバイルSuica

第2位:使えるお店が多い
楽天Edy、QUICPay、iD

第3位:友人どうしで送金できる
PayPay

第4位:ポイント還元率が一番高い
Kyash

 

そしてスマホ電子マネーがよりお得&スムーズに使えるようになり、メインカードとしても優れているYahoo! JAPANカード、楽天カードへの入会もこれを機に考えてみてはいかがでしょうか。

 

↓Yahoo! JAPANカードを公式サイトから申し込む↓

 

↓楽天カードを公式サイトから申し込む↓

 


今一番お得なのは?2019年最新クレジットカードランキングを見る

楽天カードとYahoo! JAPANカードが最強クレジットカードである4つの理由とは?







2019年クレジットカードランキング(カード名クリックで評価レビューへ)

カード名 評価 還元率 ポイント種類&特徴
Yahoo! JAPANカード A+ 1% Tポイント Tポイントが最も貯めやすく使いやすいバランスに優れる優良カード
楽天カード A+ 1% 楽天スーパーポイント 顧客満足度で10年連続1位 楽天を利用しているなら第一候補
リクルートカード※  A 1.2% リクルートポイント(ポンタに交換可能) 無料カードで最もポンタが貯めやすい
ピーワンウィズ A 1.5% ポケットポイント 最強クラスの還元率1.5% 1%は請求額から自動割引 リボ払い専用カード
DCカードジザイル A 1.5% DCハッピープレゼント 最強クラスの還元率1.5% ポイント交換先が豊富 リボ払い専用カード
dカード A 1% dポイント 高還元でdポイントが貯まる。docomoユーザーはポイントがケータイ料金支払いにすぐ使えて便利 年1回使えば年会費無料 ローソンが5%オフ
au WALLETクレジットカード A 1% WALLETポイント auユーザーは年会費無料&ポイントがケータイ料金支払いにすぐ使えて便利
アマゾンカード A 1% Amazonポイント Amazonで還元率1.5%にアップ Amazonで最もお得で使いやすい 年1回使えば年会費無料
レックスカード B+ 1.25% レックスポイント 高還元&ポイントが現金還元されるカード 利用額しだいで年会費無料も可
ビックカメラsuicaカード B+ 1.0% JREポイント&ビックポイント suicaつきカードで一番の還元率 オートチャージで改札が手間いらずに 年1回使えば年会費無料

印は年会費が無料 11位以降を含めた総合ランキングはこちら

おすすめクレジットカード

Yahoo! JAPANカード

Tポイントが最も貯めやすく使いやすい年会費無料カード。高い還元率(1%)で審査も通りやすく、最短2分で審査完了するスピーディーさが評判。

楽天よりもTポイントをよく利用する方なら第一選択肢のカード。

楽天カード

10年連続顧客満足度ナンバーワンの年会費無料カード。ポイントの貯めやすさ(楽天ポイントが還元率1%でもらえる)、使いやすさ、審査の通りやすさなど、バランスに優れる優良カード。豊富なポイントアップキャンペーンも魅力。

普段から楽天を利用する方なら第一選択肢のカード。

-電子マネー
-, ,

Copyright© クレジットカードびぎなーず! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.