iDスマホ使い方&始め方2019!iPhoneでも支払いできる電子マネー

更新日:

ヘッダー iDの使い方&始め方

 

iD払いがしたい!

 

使えるお店が多く、スピーディーな支払いが魅力の電子マネー「iD」。

最近では「スマホiD払い」も一般的となり、より便利となっています。

ただその一方、いまいちその仕組みや使い方がわからなくて手が出せないという方も少なくないようです。

ここでは、iDの始め方や便利な使い方、設定方法やデメリットをいちからわかりやすく述べていきます。

あなたのキャッシュレス生活をより便利にするために、ぜひお役立てください。

 

「結局、電子マネーやスマホ決済って今どれが一番便利なの?」という方はこちらをご覧ください。

電子マネーおすすめ比較ランキング!最強スマホ決済の種類&やり方2019

 

スポンサーリンク

 

電子マネー「iD」とは?

id-official

 

まずそもそも「iD」とはドコモが始めた日本の代表的な電子マネーのひとつです。

iD機能付きのクレジットカードや、設定済のスマホをかざすだけで決済できます。

↓このマークが示されているお店で利用可能です↓

 

 

スマホは原則としてドコモ機種のみで利用可能ですが、iPhoneならauやソフトバンク、ワイモバイルでも利用でき、SIMフリースマホでも利用することができます。

 

※iDを使えるスマホ機種

iD対応
iPhone7以降(Apple Pay搭載)
iPhone6以前(Apple Payなし) ×
Androidスマホ(FeliCa搭載)
Androidスマホ(FeliCaなし) ×

※FeliCa=おサイフケータイ
※Androidスマホはドコモ、SIMフリースマホのみ利用可

 

iDは加盟店数がトップクラスに多い(約44万店)のも大きな魅力です。

 

※iDが使える主な店舗
セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、イトーヨーカドー、イオングループ、マクドナルド、ガスト、ビックカメラ、ブックオフ、タワーレコード等

参照
iDが使えるお店一覧(公式サイト)

 

iDの仕組みは、実はクレジットカード払いとほぼ同じです。

iDで支払いを行うと、iDに連携させたクレジットカードの支払いと同じように扱われ、後日に指定口座からその利用金額が引き落とされます。

そして、通常のクレジットカード払いと同じようにポイント還元も受けられます。

例えば同じくドコモ系のdカードなら、還元率1.0%でdポイントが付与されます(支払い100円あたり1ポイント)

つまりiD払いは「クレジットカード払いの一種」とも言い換えられ、カードやスマホを自分でかざすだけなのでよりスピーディーかつ安全な支払いが可能となります。

iDは事前にチャージする必要がないことから「ポストマネー(後払い型)の電子マネー」とも呼ばれています。

「残高を見ないで支払いができる」という便利さもメリットのひとつです。

 

iDは限られたクレジットカードのみで利用可能

クレジットカード

 

iDは主に「iD搭載型のクレジットカード」「クレジットカードを連携させたスマホアプリ」で使われており、それぞれに対応するクレジットカードの種類は限られています。

 

iD搭載型のクレジットカード
dカード、三井住友VISAカード、オリコカード、セディナカードなど

iDアプリに連携できる主なクレジットカード
dカード、三井住友VISAカード、オリコカード、セディナカード、イオンカード、セゾンカード、ライフカード、ファミマTカード、UCカードなど

 

そして最も多く使われているのが、スマホのiDアプリによる支払い方法です。

スマホでiDを利用するには、専用アプリからの設定が必要です。

iPhone、Androidスマホそれぞれでその手順を以下に解説します。

 

AndroidスマホでのiD設定

アンドロイド

 

ドコモスマホの方なら「dメニュー」→「サービス一覧」→「iD」と進んで設定へ進みます。

SIMフリースマホの方なら「iDアプリ(MVNO/SIMロックフリー端末版)」をダウンロードして起動、設定へと進みます。

 

id&dメニュー

※au、ソフトバンク、ワイモバイルのAndroidスマホではiDが使えません。またSIMフリースマホでもdカード、dカードゴールドだとiD設定ができません。

 

アプリを起動して対応するクレジットカードを登録します。

 

idアプリ スタート画面

 

次に「アクセスコード」「パスワード」を入力する画面となります。

これらは登録するクレジットカード会社それぞれが発行しているもので、各カード会社の管理画面などからiDの利用申請をして得られるものです。

 

id コード入力

 

これらを入力すれば登録完了です。

後は店頭で「iD払いします」と告げて専用機にスマホをかざせば支払いを行うことができます。

 

iPhoneでiD払いを設定する

スマホ

 

iPhoneでiD払いをするには、「Wallet」アプリにiD対応クレジットカードを登録する必要があります。

 

Wallet

 

起動して、カードを追加するために右上の「+」のアイコンをタップし、説明される手順通り進めばクレジットカードを登録することができます。

 

Wallet カード追加

 

登録完了すれば、後は店頭で「iD払いします」と告げて専用機にスマホをかざせば支払いを行うことができます。

iPhoneでiD払いをする場合、スマホのタッチに加えてホームボタンに指をかざす指紋認証も必要となります。

 

iDのメリット・デメリットとは?

タッチするだけで決済可能、加盟店数もトップクラス、カードごとのポイント還元もしっかり受けられる、などのメリットを持つiDは、今ある中でも使いやすさに優れた電子マネーと評価できます。

ただし「対応しているスマホやクレジットカードの種類が限られている」「Androidスマホだとコード申請する手間が必要」など、ややわかりづらいというデメリットもあります。

そうした点が、まだいまいち世間に浸透しきれない理由となっているのかもしれません。

また、スマホ電子マネーはiD以外にも様々なメリットを持つものがあります。

当サイトでは、現在のスマホ電子マネーを以下のように選び分けることをおすすめしています。

 

第1位:交通&買い物に使える便利さ
モバイルSuica

第2位:使えるお店が多い
楽天Edy、QUICPay、iD

第3位:送金サービス&お得さ最強クラス
PayPay

第4位:今、最も高いポイント還元率
オリガミペイ

 

スマホ電子マネーを始めるなら、それぞれの特徴を知った上で選び分けていくのがおすすめです。

当サイトがまとめた最新のスマホ電子マネーおすすめ比較もぜひご参照ください。

 

「結局、電子マネーやスマホ決済って今どれが一番便利なの?」という方はこちらをご覧ください。

電子マネーおすすめ比較ランキング!最強スマホ決済の種類&やり方2019

 







2019年クレジットカードランキング(カード名クリックで評価レビューへ)

カード名 評価 還元率 ポイント種類&特徴
楽天カード A+ 1% 楽天スーパーポイント 顧客満足度で10年連続1位 楽天を利用しているなら第一候補
Yahoo! JAPANカード A+ 1% Tポイント Tポイントが最も貯めやすく使いやすいバランスに優れる優良カード
リクルートカード※  A 1.2% リクルートポイント(ポンタに交換可能) 無料カードで最もポンタが貯めやすい
ピーワンウィズ A 1.5% ポケットポイント 最強クラスの還元率1.5% 1%は請求額から自動割引 リボ払い専用カード
DCカードジザイル A 1.5% DCハッピープレゼント 最強クラスの還元率1.5% ポイント交換先が豊富 リボ払い専用カード
dカード A 1% dポイント 高還元でdポイントが貯まる。docomoユーザーはポイントがケータイ料金支払いにすぐ使えて便利 年1回使えば年会費無料 ローソンが5%オフ
au WALLETクレジットカード A 1% WALLETポイント auユーザーは年会費無料&ポイントがケータイ料金支払いにすぐ使えて便利
アマゾンカード A 1% Amazonポイント Amazonで還元率1.5%にアップ Amazonで最もお得で使いやすい 年1回使えば年会費無料
レックスカード B+ 1.25% レックスポイント 高還元&ポイントが現金還元されるカード 利用額しだいで年会費無料も可
ビックカメラsuicaカード B+ 1.0% JREポイント&ビックポイント suicaつきカードで一番の還元率 オートチャージで改札が手間いらずに 年1回使えば年会費無料

印は年会費が無料 11位以降を含めた総合ランキングはこちら

おすすめクレジットカード

楽天カード

10年連続顧客満足度ナンバーワンの年会費無料カード。ポイントの貯めやすさ(楽天ポイントが還元率1%でもらえる)、使いやすさ、審査の通りやすさなど、バランスに優れる優良カード。豊富なポイントアップキャンペーンも魅力。

普段から楽天を利用する方なら第一選択肢のカード。

-電子マネー
-

Copyright© クレジットカードびぎなーず! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.