B+評価 高還元も今や微妙?漢方スタイルクラブカード評価レビュー

更新日:

公式ページ

 

今や微妙(?)な高還元率カード

 

かつて高還元率クレジットカードの代表的存在として高い評価を得ていた漢方スタイルクラブカード

セブンイレブンの電子マネー「ナナコ」にチャージしても高い還元率でポイントがつくことから、税金の支払いを最もお得にする方法としてひそかに人気を集めていました。

しかし近年、このカードは還元率の低下などの改悪、よりお得なカードの登場などによってその評価は少し下がってきています。

当サイトでもB+評価のランキングづけとなっており、平均より少し良い程度の評価としています。

では、漢方スタイルクラブカードのメリット、デメリットはどこにあるのか?その他のカードと比較してわかる違いとは?

以下に述べていきます。

 

  「そもそもクレジットカードって何?」「今おすすめのカードとその理由が知りたい」という方はまずこちらからご覧ください。

2017年更新:便利さ重視!おすすめクレジットカード比較ランキング  



スポンサーリンク

 

主な特徴と評価

まず、漢方スタイルクラブカードの主な特徴と評価は以下の通りとなります。

 

漢方スタイルクラブカード
カードサンプル
ポイント還元率 ポイントの使いやすさ 審査の通りやすさ 総合評価
1.5% B B B+
  • 年会費:1500円+税(初年度無料)
  • 付与されるポイント:KAMPO STYLE CLUBポイント(2000円ごとに6ポイント)
  • 決済ブランド:VISA、JCB
  • ETCカード:あり(無料)
  • 家族カード:あり(400円+税)
  • 旅行保険:あり
  • ショッピング保険:あり
  • 口座引き落とし日:翌月27日(月末締め)

 

クレジットカード選びでまず最も注目すべきは、支払いによって付与されるポイントの種類とその還元率です。

漢方スタイルクラブカードの還元率1.5%はクレジットカード全体の中ではトップクラスとなっています。

一方、付与されるKAMPO STYLE CLUB ポイントは4種類の使いみちがあり、特に口座から直接ポイント分が引落されるJデポに使うのが有効です。

当サイトではクレジットカード選びに重要な点として以下の4つを挙げています。

  • ポイントが貯めやすい(還元率)
  • ポイントが使いやすい
  • 入会費&年会費が無料
  • 審査が通りやすい

漢方スタイルクラブカードは還元率こそ高いものの、その他の項目を十分満たしておらず、現状ではB+評価となっています。

 

還元率1.5%はトップクラス

OK

クレジットカードの最大の魅力は、現金で支払う手間が省けることに加えて、使った金額に応じて各種のポイントがもらえること、つまりポイント還元にあります。

例えばポイント還元率1%のクレジットカードであれば、100円の支払いあたり1円ぶんのポイントが付与され、そのポイントをまたお買い物や各種サービスに使うことが可能です。

付与されるポイントの種類と還元率はカードごとに異なっており、ここがクレジットカードを選ぶ際の一番の注目ポイントとなります。

現在、当サイトが選ぶベスト10クレジットカードのポイント種類と還元率は以下のようになります。

 

2017年クレジットカードランキングベスト10(カード名クリックで評価レビューへ)
カード名 評価 ポイント還元率 ポイントの種類
ヤフーカード A+ 1% Tポイント
楽天カード A+ 1% 楽天ポイント
DCカードジザイル A 1.5% DCハッピープレゼント
ピーワンウィズ A 1.5% ポケットポイント
リクルートカード A 1.2% リクルートポイント(ポンタ)
dカード A 1% dポイント
au WALLETクレジットカード A 1% WALLETポイント
アマゾンカード A 1% Amazonポイント
エクストリームカード B+ 1.5% エクストリームカードポイント
レックスカード B+ 1.5% レックスポイント
印は年会費が無料。11位以降を含めた総合ランキングはこちらから

 

ほとんどのクレジットカードは還元率0.5%が平均的であるなか、漢方スタイルクラブカードは年会費有料ながら、還元率1.5%と高い水準となっています。

ちなみに以前の還元率は1.75%であり、改定により1.5%に下がりましたが、それでもクレジットカード全体の中ではトップクラスの還元率です。

 

 

ポイントの使いみちは4種類

では、還元率と同じくらい大事な「ポイントの使いやすさ」はどうでしょうか。

漢方スタイルクラブカードはKAMPO STYLE CLUB ポイントという独自ポイントが、2000円の支払いごとに6ポイント付与されます。

このポイントには以下の4種類の交換先、使いみちがあります。

 

交換先 交換レート
薬日本堂の商品割引券 300ポイント→割引券3000円分(還元率3.0%)
Jデポ 300ポイント→Jデポ1500円(還元率1.5%)
ANAマイル 300ポイント→ANAマイル900マイル(マイル付与率0.9%)
日本ユニセフ協会への寄付 300ポイント→1500円分の寄付

 

この中で、最も有効なのはJデポへの交換です。

ジェイデポ

Jデポとは、カード支払いの請求額からそのぶんが差し引かれるポイントシステムです。例えばある月の銀行口座からの引き落とし額が30,000円の時、Jデポ3000円を使えば引き落とし額は27,000円となります。

 

口座から引き落とし

 

Jデポを活用することにより、漢方スタイルクラブカードは1.5%の還元率となります。

薬日本堂(漢方薬や日本食品を扱う会社)の商品割引券との交換だと3.0%と非常に高い還元率となりますが、マイナーな使いみちであるため、ポイントの使いやすさに優れているとは言えません。

Jデポへの交換が最も使いやすいものの、いずれにせよ得られたポイントを使うためにはひと手間かかる点は考慮する必要があります。

 

「ナナコで税金払い」がお得だったが、改悪されて不便に

では、漢方スタイルクラブカードならではの特徴、メリットはどこにあるのでしょうか?

このカードが、かつて注目を集めていた理由のひとつに、ナナコにクレジットチャージすることで税金の支払いでもポイントがつくことが挙げられます。

 

ナナコカード

 

通常、税金や国民健康保険料などはクレジットカードで払うことができずポイントをためることができません。

しかし、セブンイレブンの電子マネー「ナナコ」にクレジットカードでチャージして、セブンイレブン店頭でそのナナコを使って払うことにより、間接的にクレジットカード払いすることが可能です。

ナナコにチャージしてもポイントがたまるクレジットカードは限られるのですが、その中でも漢方スタイルクラブカードは、「ナナコチャージができる最も高還元率のカード」としてかつて重宝されていました。

しかし、現在では「ナナコにチャージすると還元率0.25%」に改定されてしまい、そのメリットもなくなってしまいました。

ちなみに現在、ナナコにチャージしてポイントが付与されるクレジットカードの種類とその還元率は以下の通りです。

 

カード名 還元率
リクルートカードプラス 2%
リクルートカード 1.2%
ヤフーカード(JCBのみ) 1%
楽天カード(JCBのみ) 1%
セブンカードプラス 0.5%
ファミマTカード 0.5%
ライフカード 0.5%
漢方スタイルクラブカード 0.25%

 

「ナナコにチャージして税金をお得に払いたい」と考えるなら、今だとリクルートカードや楽天カード、ヤフーカードが有力候補となります。

参照
裏ワザ!ナナコ+クレジットカードで税金を安く支払おう(編集中)

 

楽天カード&ヤフーカードとの比較

楽天カード&ヤフーカード

当サイトでは現在、一番おすすめのクレジットカードを楽天カード、ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)としています。

以下に、漢方スタイルクラブカードととこれらのカードの比較をまとめます。より優れたほうを色付けしています。

漢方スタイルクラブカード 楽天カード ヤフーカード
年会費 1500円+税 無料 無料
還元率 1.5% 1% 1%
ポイントの種類 KAMPO STYLE CLUB ポイント 楽天スーパーポイント Tポイント
ポイントの使いやすさ B A A
審査の通りやすさ B A A

 

まず還元率については漢方スタイルクラブカードが上回りますが、そのかわり年会費が1500円+税かかります。

年間30万円以上をカード払いで使う場合には、年会費を差し引いても漢方スタイルクラブカードがお得となりますが、逆にそれ以下しか使わない場合は、楽天カード、ヤフーカードがお得となります。

「ふだんは現金払いが中心」という方なら、漢方スタイルクラブカードは適しているとは言えません。

一方、ポイントの使いやすさについては日本最大級の共通ポイントサービスである楽天カード(楽天スーパーポイント)、ヤフーカード(Tポイント)が明らかに優れています。

また、この2つのカードは審査の通りやすさにも優れており、全体的なバランスに優れているため、当サイトではまず一番におすすめしています。

参照
楽天カードとヤフーカードがベストである4つの理由とは?

 

デメリットは年会費と使いやすさ

漢方スタイルクラブカードのデメリットとしては、まず年会費(1500円+税/年)がかかる点が挙げられます。

還元率が1.5%と高いため、ほとんどの支払いをクレジット払いにすればお得になりますが、逆に「普段は現金払いが中心」という方にとっては損となる可能性が高まります。

また、付与されるKAMPO STYLE CLUB ポイントはそのままでは使えずJデポやマイルなど交換する必要があり、ひと手間かかる点も気になります。

 

考える女性

 

高いポイント還元率(1.5%)は確かに魅力ですが、無料カードのピーワンウィズ(年会費無料:還元率1.5%)など、より良い条件の高還元率カードも登場している現在、大きなメリットとまでは言えません。

 

まとめ

ポイント還元率の高さ(1.5%)がメリットの漢方スタイルクラブカード。

還元率が3%となる薬日本堂の商品割引券への交換にメリットを感じる方にとっては魅力あるカードですが、「年会費がかかる」「ポイントを使う手間」などのデメリットもあるため、その点を十分把握したうえで判断したいところです。

他にも様々なメリットを持つクレジットカードがありますので、選ばれる際は比較検討して、ご自身にあった選び方をされることをおすすめします。

当サイトの比較ランキング、評価レビューもぜひご参照ください。


今一番お得なのは?2017年最新クレジットカードランキングを見る

楽天カードとヤフーカードが最強クレジットカードである4つの理由とは?

B+評価







ランキング表

2017年クレジットカードランキング(カード名クリックで評価レビューへ)

カード名 評価 還元率 ポイント種類&特徴
ヤフーカード A+ 1% Tポイント Tポイントが最も貯めやすく使いやすいバランスに優れる優良カード 最短2分で審査通過
楽天カード A+ 1% 楽天ポイント 7年連続顧客満足度1位を獲得 楽天を利用しているなら第一候補
DCカードジザイル※  A 1.5% DCハッピープレゼント 最強クラスの還元率1.5% ポイント交換先が豊富 リボ払い専用カード
ピーワンウィズ A 1.5% ポケットポイント 最強クラスの還元率1.5% 1%は請求額から自動割引 リボ払い専用カード
リクルートカード A 1.2% リクルートポイント(ポンタに交換可能) 無料カードで最もポンタが貯めやすい
dカード A 1% dポイント 高還元でdポイントが貯まる。docomoユーザーはポイントがケータイ料金支払いにすぐ使えて便利 年1回使えば年会費無料 ローソンが5%オフ
au WALLETクレジットカード A 1% WALLETポイント auユーザーは年会費無料&ポイントがケータイ料金支払いにすぐ使えて便利
アマゾンカード A 1% Amazonポイント Amazonで還元率1.5%にアップ Amazonで最もお得で使いやすい 年1回使えば年会費無料
エクストリームカード B+ 1.5% エクストリームポイント 高還元&ポイントの使いみちが豊富 利用額しだいで年会費無料も可
レックスカード B+ 1.5% レックスポイント 高還元&ポイントが現金還元されるカード 利用額しだいで年会費無料も可

印は年会費が無料 11位以降を含めた総合ランキングはこちら

おすすめクレジットカード

ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)

Tポイントが最も貯めやすく使いやすい年会費無料カード。高い還元率(1%)で審査も通りやすく、最短2分で審査完了するスピーディーさが評判。楽天よりもTポイントをよく利用する方なら第一選択肢のカード。

楽天カード

7年連続顧客満足度ナンバーワンの年会費無料カード。ポイントの貯めやすさ(楽天ポイントが還元率1%でもらえる)、使いやすさ、審査の通りやすさなど、バランスに優れる優良カード。豊富なポイントアップキャンペーンも魅力で普段から楽天を利用する方なら第一選択肢のカード。

-クレジットカード比較ランキング&評価レビュー
-

Copyright© クレジットカードびぎなーず! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.