モバイルSuicaチャージに一番おすすめクレジットカードは?最新比較2018

更新日:

ヘッダー モバイルSuicaチャージ用カードは?

 

Suicaチャージにベストなクレカは?

 

電車のみならず、普段のお買い物でも多くのお店で使えて便利な交通系電子マネーのSuica(スイカ)。

最近はスマホアプリから使えるモバイルSuicaも広まっており「スマホタッチだけで電車に乗れてお買い物もできる」という便利さが評判です。

ここでは、そんなモバイルSuicaにクレジットカードでチャージしたい場合に最もおすすめのクレジットカードとその注意点&デメリットについて述べていきます。

先に結論から言えば、モバイルSuicaチャージににベストなのはJR東日本グループが発行するビューカード系カード(ビュー・スイカカードなど)です。

しかし、その他のカードにもメリットはありますのでぜひ以下の説明をもとに比較検討してみることをおすすめします。

 

「結局、スマホ電子マネーって今どれが一番便利なの?」という方はこちらをご覧ください。

スマホ電子マネー最新おすすめ比較2018!今最も便利&お得なキャッシュレス決済は?

 

  「そもそもクレジットカードって何?」「今おすすめのカードとその理由が知りたい」という方はこちらをご覧ください。

2018年更新:便利さ重視!おすすめクレジットカード比較ランキング  



スポンサーリンク

 

モバイルSuicaとは?

suicaios

 

改めてモバイルSuicaとは、電車やバス、タクシーなどで使える交通系電子マネーのSuicaをスマホアプリから使えるようにしたものです。

Suicaは最近は交通以外にもコンビニなど多くのお店でお買い物にも使えて、電子マネーの中でもトップクラスの加盟店数となっています(約38万店)。

特に交通でもお買い物でも使えるという便利さは大きなメリットであり、普段の移動に使える方ならぜひモバイルSuicaの利用をおすすめします。

モバイルSuicaはおサイフケータイ対応(FeliCa搭載)のAndroidスマホや、Apple Pay搭載のiPhone(iPhone7以降)で利用可能です。

 

モバイルSuica対応
iPhone7以降(Apple Pay搭載)
iPhone6以前(Apple Payなし) ×
Androidスマホ(FeliCa搭載)
Androidスマホ(FeliCaなし) ×

※FeliCa=おサイフケータイ

 

モバイルSuicaアプリは無料ですが、AndroidスマホだとGoogle payアプリから使う場合のみ無料となっています。

 

最もお得&便利なのはビューカード!

公式サイト

 

モバイルSuicaにチャージするには、クレジットカードを登録して使うクレジットチャージが最も便利です。

しかし一般的なクレカ払いと異なり、モバイルSuicaにクレジットカードでチャージする時は、カード種類によってはポイントがつかない、ポイントがもらえるチャージ金額に上限がある、などの制限がされてることがあります。

例えば楽天カードの場合、普通の支払いでは1%の楽天ポイントが還元されますが、モバイルSuicaにチャージした場合にはポイント還元が受けられません。

2018年現在の主な高還元カードと、Suicaチャージした場合にポイント還元が有利なカードをまとめると以下の通りとなります。

 

基本のポイント還元率&種類 Suicaチャージした場合
楽天カード 1%の楽天ポイント Suicaチャージではポイントが付与されない
Yahoo! JAPANカード 1%のTポイント 通常の支払いと同じようにポイント付与
リクルートカード 1.2%のリクルートポイント(ポンタに交換可能) Suicaチャージでポイントが付与されるのは3万円/月まで
ビュー・スイカカード 0.5%のJREポイント Suicaチャージの場合は還元率が3倍にアップ(1.5%のJREポイント)
ビックカメラSuicaカード 0.5%のJREポイント+0.5%のビックポイント Suicaチャージの場合は還元率が3倍にアップ(1.5%のJREポイント)

 

楽天カードはSuicaチャージでポイントが付与されず、リクルートカードは1ヶ月あたり3万円のSuicaチャージまでしかポイント付与の対象になりません。

しかしその一方、JR東日本グループが発行するクレジットカードであるビューカード系カードは通常の還元率は0.5%や1.0%ですが、Suicaにチャージした場合に還元率が1.5%にアップするという特典があります。

また、モバイルSuicaのチャージにこのビューカード系カードを登録した場合のみ、オートチャージの利用が可能になるという恩恵も受けられます。

オートチャージを設定すると、例えばモバイルsuicaの残高が1000円をきると、改札口でタッチした時に自動的に3000円がクレジット払いとしてチャージされます(金額は自由に設定可能)。

 

改札

 

わざわざ残高を確認してチャージする手間が省けるのはとても大きなメリットです。

 

  • ポイント還元率が1.5%にアップ
  • オートチャージが利用可能になる

 

これらのメリットを持つビューカード系カードこそが、モバイルSuicaのチャージにおいてベストなクレジットカードとなります。

特に当サイトでは、ビューカード系カードの中では「定期機能つきカード」であるビュー・スイカカード、「通常の支払いでもポイント還元率1.0%」のビックカメラSuicaカードの2つをおすすめしています。

 

ビューカードのデメリットは?

悩む

 

モバイルSuicaのチャージで最もお得なビューカード系カード。

ただしほとんどのビューカード系カードは、モバイルSuicaチャージ以外の一般利用だとポイント還元率が0.5%と平凡なのがデメリットです。

ビックカメラSuicaカードならポイント還元は1.0%ですが、これは「JREポイントが0.5%、ビックポイントが0.5%」と2種類に分散していて、ポイントの使いやすさという点ではあまり優れているとは言えません。

なので、ビューカード系カードはSuicaチャージ専用カードとして使われることが多く、メインカードとしては必ずしも向いてるとは言えません。

基本的にクレジットカード選びで最も重視すべきはポイント還元率の高さポイントの使いやすさです。

当サイトではこれらに優れたYahoo! JAPANカード、楽天カード、リクルートカードなどをメインカードにおすすめしています。

現在、楽天カードはモバイルSuicaのチャージでポイントがつきませんので、モバイルSuicaのチャージにも使いつつ、普段の支払いでも使ってまとめてお得にポイントを貯めたいと考える方にはYahoo! JAPANカード、リクルートカードをおすすめします。

以下に、Yahoo! JAPANカードとリクルートカードの特徴、メリットについて述べていきます。

 

Yahoo! JAPANカード

2カード

 

Yahoo! JAPANカードは現在トップクラスのポイント還元率1.0%で、なおかつ日本最大級のポイントサービスであるTポイントがもらえるのが一番のメリットです。

つまり最もTポイントが貯めやすく使いやすいクレジットカードです。

 

Tポイント

 

Yahoo! JAPANカードは「Tポイントカード一体型」であり、貯まったTポイントはYahoo! JAPANカードを提示することでそのまま利用可能です。

 

Tカード一体型

 

また、Tポイントアプリを使えば現在のTポイント残高をいつでも確認できますし、そこからバーコードを提示すればスマホからのTポイント支払いも可能となります。

 

モバイル

 

Tポイントが使える主なお店
ツタヤ、ファミリーマート、ソフトバンク、吉野家、三越伊勢丹、ヤフーショッピング、LOHACO、マルエツ、スリーエフ、ジョナサン、スポーツデポ、ドラッグイレブン、その他多数

参照
Tポイント加盟店一覧(外部サイト)

 

例えば私は貯まったTポイントはファミリーマート吉野家での支払いによく使っています。

 

ファミマ吉野家

 

年会費無料スピーディーな審査入会時のポイント特典なども大きな魅力となっています。

Yahoo! JAPANカードによるモバイルSuicaチャージは一般の支払いと同じくTポイントが還元率1.0%で貯められてチャージ金額の上限もありません。

「Suicaチャージにも使えるメインカード」「Tポイントが最も貯めやすいカード」として現在トップクラスに優れた一枚です。

 

↓Yahoo! JAPANカードを公式サイトから申し込む↓

 

参照
Tポイント最強!Yahoo! JAPANカード評価レビュー

 

リクルートカード

カード

基本のポイント還元率が1.2%と、Yahoo! JAPANカードよりも高い還元率で人気なのがリクルートカードです。

リクルートカードによる支払いでもらえるリクルートポイントはローソンなどで使える共通ポイントサービス「ポンタ」に交換できます。

ポンタもTポイントと同じくアプリからバーコード表示をすれば多くのお店で簡単に利用可能です。

ポンタアプリ

ポンタが使える主なお店
ローソン、GEO、ビックカメラ、ケンタッキー、昭和シェル石油、HIS、HMV、その他多数

 

リクルートカードも年会費無料で手軽に始めやすく、高還元率とポイント(ポンタ)の使いみちの広さ、使いやすさにメリットがあります。

ただし、リクルートカードでモバイルSuicaにチャージする場合は3万円/月までの利用しかポイントが付与されない点には注意が必要です。

 

↓リクルートカードを公式サイトから申し込む↓

 

参照
ポンタがよく貯まる!リクルートカード評価レビュー

 

まとめ

モバイルSuicaのチャージに最も優れたクレジットカードは、「ポイント還元率が1.5%にアップ」「オートチャージが利用可能」などのメリットを持つビューカード系カードです。

ただし複数のカードを持つことに抵抗があり、なるべくポイントを1種類にまとめて貯めたいなら「ポイントの使いやすさ」「還元率の高さ」というメリットを持つYahoo! JAPANカード、リクルートカードをメインカードに選んで使うのもおすすめです。

 

↓Yahoo! JAPANカードを公式サイトから申し込む↓

 

↓リクルートカードを公式サイトから申し込む↓

 

「結局、スマホ電子マネーって今どれが一番便利なの?」という方はこちらをご覧ください。

スマホ電子マネー最新おすすめ比較2018!今最も便利&お得なキャッシュレス決済は?

 


今一番お得なのは?2018年最新クレジットカードランキングを見る

楽天カードとYahoo! JAPANカードが最強クレジットカードである4つの理由とは?







2018年クレジットカードランキング(カード名クリックで評価レビューへ)

カード名 評価 還元率 ポイント種類&特徴
Yahoo! JAPANカード A+ 1% Tポイント Tポイントが最も貯めやすく使いやすいバランスに優れる優良カード
楽天カード A+ 1% 楽天ポイント 顧客満足度で7年連続1位 楽天を利用しているなら第一候補
リクルートカード※  A 1.2% リクルートポイント(ポンタに交換可能) 無料カードで最もポンタが貯めやすい
ピーワンウィズ A 1.5% ポケットポイント 最強クラスの還元率1.5% 1%は請求額から自動割引 リボ払い専用カード
DCカードジザイル A 1.5% DCハッピープレゼント 最強クラスの還元率1.5% ポイント交換先が豊富 リボ払い専用カード
dカード A 1% dポイント 高還元でdポイントが貯まる。docomoユーザーはポイントがケータイ料金支払いにすぐ使えて便利 年1回使えば年会費無料 ローソンが5%オフ
au WALLETクレジットカード A 1% WALLETポイント auユーザーは年会費無料&ポイントがケータイ料金支払いにすぐ使えて便利
アマゾンカード A 1% Amazonポイント Amazonで還元率1.5%にアップ Amazonで最もお得で使いやすい 年1回使えば年会費無料
レックスカード B+ 1.25% レックスポイント 高還元&ポイントが現金還元されるカード 利用額しだいで年会費無料も可
ビックカメラsuicaカード B+ 1.0% JREポイント&ビックポイント suicaつきカードで一番の還元率 オートチャージで改札が手間いらずに 年1回使えば年会費無料

印は年会費が無料 11位以降を含めた総合ランキングはこちら

おすすめクレジットカード

Yahoo! JAPANカード

Tポイントが最も貯めやすく使いやすい年会費無料カード。高い還元率(1%)で審査も通りやすく、最短2分で審査完了するスピーディーさが評判。

楽天よりもTポイントをよく利用する方なら第一選択肢のカード。

楽天カード

7年連続顧客満足度ナンバーワンの年会費無料カード。ポイントの貯めやすさ(楽天ポイントが還元率1%でもらえる)、使いやすさ、審査の通りやすさなど、バランスに優れる優良カード。豊富なポイントアップキャンペーンも魅力。

普段から楽天を利用する方なら第一選択肢のカード。

-電子マネー
-

Copyright© クレジットカードびぎなーず! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.