裏技!ナナコ+クレジットカードで税金支払いでもポイントをもらおう

更新日:

ナナコカード

 

税金の支払いでもクレカのポイントがもらえる!

 

通常、税金(住民税や固定資産税、自動車税など)や国民年金保険料の支払いにクレジットカードは使えず、使えても手数料がかかってしまうケースがほとんどです。

しかし、手数料を払わずに税金をクレジットカード払いする方法があります。

それがセブンイレブンやイトーヨーカドーで発行されている電子マネー「nanaco(ナナコ)」を使う方法です。

ナナコを使って間接的にクレジットカード払いをすれば、税金の支払いでもポイントを得て節約に役立てることができます。

しかし、この方法に使えるクレジットカードの種類は限られていますので、その手順や特徴をしっかりと理解しておく必要があります。

以下にその詳細や注意点、おすすめのクレジットカードについて述べていきます。

 

  「そもそもクレジットカードって何?」「今おすすめのカードとその理由が知りたい」という方はまずこちらからご覧ください。

2017年更新:便利さ重視!おすすめクレジットカード比較ランキング  



スポンサーリンク

 

「ナナコで税金を払う」ってどういうこと?

考える女性

手数料を払わずに税金や国保をクレジットカード払いするにはどうするか。

それはセブンイレブンやイトーヨーカドーで発行されている「nanaco(ナナコ)」を使う方法です。

ナナコとは、先に1000円単位でチャージしてから支払いに使うことで、100円あたり1ナナコポイントがもらえる電子マネーの一種です。

ナナコとポイント

もらったナナコポイントは1ポイント=1円でまたナナコのチャージにあてることが可能です。

バーコードのついた税金や国保の納付書はコンビニでも支払いに使えますが、この時に現金払いに代えてナナコでも支払うことが可能です。

ナナコは税金や公共料金を払う場合にはナナコポイントがつかないのですが、ナナコにクレジットカードでチャージした場合にはクレジットカードの各ポイントがつきます。

 

ナナコチャージ

 

つまり、ナナコを使うことで間接的にクレジットカード払いして税金の支払いでもポイントがもらえるということになります。

 

ナナコにチャージしてもポイントがもらえるカードは限られる

ただしナナコへのクレジットチャージは、どのクレジットカードでもポイントがもらえるというわけではありません。

現在、ポイントが付与されるカードとその還元率は以下の通りとなります。

 

カード名 還元率 ポイントの種類
リクルートカード 1.2% リクルートポイント
楽天カード(JCBのみ) 1% 楽天スーパーポイント
ヤフーカード(JCBのみ) 1% Tポイント
セブンカードプラス 0.5% nanacoポイント
ファミマTカード 0.5% Tポイント

 

以下に、この中で最も有力なリクルートカード、楽天カード、ヤフーカードの3種類の特徴を述べます。

 

リクルートカード(還元率1.2%)

公式ページ

現在、ナナコへのクレジットチャージができるカードで最も高い還元率1.2%となるのがリクルートカード(年会費:無料)です。

付与されるリクルートポイントはローソンなどで使える共通ポイントサービス「ポンタ」に交換可能です。

  • ポイント還元率の高さにこだわりたい
  • ローソンをよく利用するなどポンタが使いやすい環境にいる

これらが当てはまる方なら、ナナコチャージにはリクルートカードが第一選択肢となります。

 

↓リクルートカードを公式サイトで確認する↓

 

 

楽天カード(還元率1.0%)

公式サイト

還元率1.0%で次に候補として挙がるのが、長らく顧客満足度1位を維持して知名度も抜群の楽天カード(年会費:無料)です。

楽天カードによる支払いでもらえるのは、楽天での商品・サービス購入に使える楽天ポイントです。

楽天カードは基本の還元率1.0%のみならず、様々なポイントアップキャンペーンを頻繁に実施していることが特徴的です。

  • ポンタが使いやすい環境ではない
  • 楽天のサービスを日常的に利用する

これらに当てはまる方にとっては楽天カードが最適となります。

 

↓楽天カードを公式サイトから申し込む↓

 

 

ヤフーカード(還元率1.0%)

ヤフーカード公式サイト

楽天カードと同じく還元率1%で有力なのがヤフーカード(年会費:無料)です。

日本最大級のポイントサービスであるTポイントが貯められて、使える店舗の多さ、豊富なポイントアップキャンペーンが魅力です。

  • ポンタが使いやすい環境ではない
  • 楽天よりもTポイントを日常的に利用する

これに当てはまる方はヤフーカードが第一候補となります。

 

↓ヤフーカードを公式サイトから申し込む↓

 

~~~

 

このように、それぞれ少しずつ特徴が異なりますので、自分にとって最も使いやすいカードを選ぶのがおすすめです。

また、この3つのカードはすべて入会費・年会費が無料ですのでナナコへのチャージ専用カードとして考えてみるのもひとつの方法です。

 

楽天カード、ヤフーカードを選ぶなら必ず「JCB」にしよう!

ナナコへのクレジットチャージでポイントを貯めるなら上記の3つから選ぶのがおすすめですが、ひとつだけ注意点があります。

楽天カード、ヤフーカードを選ぶ場合には、国際ブランドは必ず「JCB」を指定する必要があります。

「国際ブランド」とは、クレジットカードの決済システムを提供している会社のことを指します。

 

ブランドロゴ

 

VISA、MasterCard、JCB、アメックス、ダイナースクラブなどが有名大手です。

クレジットカードを発行すると、カードに「VISA」や「JCB」などのロゴがつきますよね。このことです。

 

ロゴマークの位置

 

国際ブランドはクレジットカードごとに使える種類が決まっており、どれを選ぶかは作る際に決めることができます。

3つのカードで選べるブランド種類を以下に示します。

 

カード名 選べる国際ブランド
リクルートカード VISA JCB
楽天カード VISA MasterCard JCB
ヤフーカード VISA MasterCard JCB

 

上記のVISA、MasterCard、JCBは大手ですので、基本的にはどれを選んでも大きな違いはなくほぼ問題ありません。

ただし「ナナコへのクレジットチャージでポイントをもらう」という場合には違いが出てきます。

楽天カード、ヤフーカードはJCBブランドのみポイントがつき、他のブランドではポイントがつきません。

 

ロゴ

 

ポイント付与されるものだけ色付けすると以下のようになります。

 

カード名 選べる国際ブランド
リクルートカード VISA JCB
楽天カード VISA MasterCard JCB
ヤフーカード VISA MasterCard JCB

 

 

リクルートカードはVISAでもJCBでもナナコチャージでポイントがつきますが、楽天カード、ヤフーカードでポイントがつくのはJCBのみです。

つまり、「VISAの楽天カード」や「MasterCardのヤフーカード」ではポイントがもらえません。

ここは十分、注意しておきたいところです。

ちなみに、同じカードで国際ブランドだけの変更はできません。

もし「VISAの楽天カード」を持っていて「JCBの楽天カード」が欲しくなった場合などは新しく別のカードを作りなおす必要があります。

「楽天カード+ナナコ」「ヤフーカード+ナナコ」で税金の支払いでポイントを貯めたい場合には必ずJCBを選ぶことを覚えておきましょう。

 

まとめ ナナコ+クレジットカードでお得に税金を払おう!

通常、税金や国保の保険料支払いにクレジットカードは使えませんが、このようにナナコを使って間接的に支払うことでポイント還元されてお得となります。

税金の支払いにはたくさんお金を使いますので、こうした方法を使って少しでも節約したいところです。

また、ここで紹介した3つのカード(リクルートカード、楽天カード、ヤフーカード)は総合的に見ても価値の高いカードですので、メインカードとしても十分使えます。

 

↓リクルートカードを公式サイトで確認する↓

 

↓楽天カードを公式サイトから申し込む↓

 

↓ヤフーカードを公式サイトから申し込む↓

 

当サイトでは他にも様々なカードの比較レビュー、ランキングづけを行っていますので、ぜひそちらもご参照ください。


今一番お得なのは?2017年最新クレジットカードランキングを見る

楽天カードとヤフーカードが最強クレジットカードである4つの理由とは?







ランキング表

2017年クレジットカードランキング(カード名クリックで評価レビューへ)

カード名 評価 還元率 ポイント種類&特徴
ヤフーカード A+ 1% Tポイント Tポイントが最も貯めやすく使いやすいバランスに優れる優良カード 最短2分で審査通過
楽天カード A+ 1% 楽天ポイント 7年連続顧客満足度1位を獲得 楽天を利用しているなら第一候補
DCカードジザイル※  A 1.5% DCハッピープレゼント 最強クラスの還元率1.5% ポイント交換先が豊富 リボ払い専用カード
ピーワンウィズ A 1.5% ポケットポイント 最強クラスの還元率1.5% 1%は請求額から自動割引 リボ払い専用カード
リクルートカード A 1.2% リクルートポイント(ポンタに交換可能) 無料カードで最もポンタが貯めやすい
dカード A 1% dポイント 高還元でdポイントが貯まる。docomoユーザーはポイントがケータイ料金支払いにすぐ使えて便利 年1回使えば年会費無料 ローソンが5%オフ
au WALLETクレジットカード A 1% WALLETポイント auユーザーは年会費無料&ポイントがケータイ料金支払いにすぐ使えて便利
アマゾンカード A 1% Amazonポイント Amazonで還元率1.5%にアップ Amazonで最もお得で使いやすい 年1回使えば年会費無料
エクストリームカード B+ 1.5% エクストリームポイント 高還元&ポイントの使いみちが豊富 利用額しだいで年会費無料も可
レックスカード B+ 1.5% レックスポイント 高還元&ポイントが現金還元されるカード 利用額しだいで年会費無料も可

印は年会費が無料 11位以降を含めた総合ランキングはこちら

おすすめクレジットカード

ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)

Tポイントが最も貯めやすく使いやすい年会費無料カード。高い還元率(1%)で審査も通りやすく、最短2分で審査完了するスピーディーさが評判。楽天よりもTポイントをよく利用する方なら第一選択肢のカード。

楽天カード

7年連続顧客満足度ナンバーワンの年会費無料カード。ポイントの貯めやすさ(楽天ポイントが還元率1%でもらえる)、使いやすさ、審査の通りやすさなど、バランスに優れる優良カード。豊富なポイントアップキャンペーンも魅力で普段から楽天を利用する方なら第一選択肢のカード。

-楽天カード関連, ヤフーカード関連, クレジットカードの基礎知識&活用法
-, , ,

Copyright© クレジットカードびぎなーず! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.