オリガミペイの使い方。メリットはKyash併用で5%還元&割引クーポン

更新日:

オリガミペイとは

 

お得さトップクラスのスマホ決済!

 

最近広まりを見せる電子マネー、スマホ決済の中で特にトップクラスのお得さを得られると評判なのがQRコード決済サービスのOrigami pay(オリガミペイ)です。

PayPayやLINE Payほどの知名度はまだありませんが、クレジットカードと組み合わせたり期間限定のクーポンも活用することで普段の生活がよりお得になる見逃せないサービスとなっています。

特に、プリペイドカードであるKyashと組み合わせると驚異の還元率5%になる方法はぜひ知っておきたいところです。

ここではそんなオリガミペイの基本的な使い方やチャージ方法、最もお得な活用方法、デメリットなどをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

Origami pay(オリガミペイ)とは?

 

改めてオリガミペイとは、ベンチャー企業Origamiが運営するスマホ決済サービスです。

PayPayやLINE Pay、楽天ペイなどと同じくQRコード決済ですので、原則どのスマホでも利用可能です(iPhoneもAndroidスマホもOK)。

アプリ内で銀行口座やクレジットカード、プリペイドカードを連携させれば「使うぶんだけ支払い時に自動引き落し」で決済することができます。

事前に一定金額をチャージする必要がない手軽さが便利です。

そしてオリガミペイは提携店舗で使えば支払いが2%割引となります。

こうした「キャッシュレスの手軽さ」「お得さ」がオリガミペイのメリットとなっています。

 

Kyashと組み合わせればポイント3重取りで還元率5%!

オリガミペイはさらにお得な活用法があります。

それが、還元率2%のプリペイドカードであるKyashをチャージ方法に登録するというものです。

 

kyash郵送

 

さらに、Kyashのチャージ方法にクレジットカードを選んでおくことでポイント3重取り、合計5%の驚異的な還元率が実現します。

 

Origami pay(2%)+Kyash(2%)+クレジットカード(1%)=5%

(クレジットカードの還元率は1%で計算)

 

現在、最もお得なポイント還元が受けられるのはこの方法ですので、お買い物の際にはまず「Origami payが使えるかどうか」から確認すると良いでしょう。

 

 

豊富なクーポン割引も熱い!

もうひとつオリガミペイの大きなメリットとして、豊富なクーポン割引が挙げられます。

 

クーポン

 

オリガミペイは日頃から提携店舗と様々な割引サービスを実施しており、それはアプリ内からいつでも確認可能です。

これまで実施されてきた主なキャンペーンは以下の通りです。

 

  • 吉野家:300円以上のお支払いが毎回190円OFF
  • 松屋:300円以上のお支払いが毎回190円OFF
  • コンビニ4社:50円オフクーポン
  • プレミアムフライデー限定20%オフクーポン

 

このように、スマホ決済トップクラスの高ポイント還元とお得なクーポン割引が利用できる点にオリガミペイのメリットがあります。

 

オリガミペイのデメリットは?

では逆にオリガミペイのデメリットはどこにあるのでしょうか?主に以下の3つが挙げられます。

 

  • 使えるお店がまだ少なめ
  • 送金機能はなし
  • スマホアプリを開くひと手間が必要

 

使えるお店がまだ少ない

オリガミペイは、すでに広く普及している電子マネーであるsuicaや楽天Edyに比較すると使えるお店がまだまだ限られています。

またQRコード決済サービスの中でも資金力に優れたPayPayやLINE Payより普及はまだ遅れを取っています。

 

オリガミペイが使える主なお店
ローソン、ミニストップ、ケンタッキー、和民、ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、LOFT、AOKI、パルコ等

※アプリ内の地図からも検索可能

 

普段から使えるのはローソンやミニストップなどのコンビニで、あとはアプリからチェックしつつ使えるお店やお得なクーポン情報を探すということになります。

このあたりが使ううえでややに手間になる点と言えるでしょう。

 

送金機能はなし

近年の主なQRコード決済サービスであるPayPayやLINE Pay、楽天ペイにはアプリどうし手数料なしで使える送金サービスが備わっていますが、オリガミペイにはありません。

今後よりユーザー間のスマホ送金は普及していくと考えるなら、この点はデメリットのひとつに挙げられます。

 

QRコード決済はアプリを開くひと手間が必要

これはオリガミペイに限らずPayPayやLINE PayなどすべてのQRコード決済サービスに言えることですが、決済時にアプリを開くひと手間が必要となります。

スマホをタッチするのみで決済が完了するモバイルsuicaや楽天Edyに慣れた方には少し気になる点と言えるでしょう。

 

オリガミペイと他の決済サービスとの比較

選ぶ

 

では現在使われている主な電子マネー、スマホ決済サービスと比較してオリガミペイはどうなのでしょうか。

主な比較を以下に示します(優れている部分を色付け)。

 

ポイント還元率 使いやすさ 送金機能
オリガミペイ 2% アプリを開く なし
PayPay 3% アプリを開く あり
LINE Pay 0.5~2.0% アプリを開く あり
楽天ペイ 0.5% アプリを開く あり
suica なし タッチのみ なし
楽天Edy 0.5~1.0% タッチのみ なし
QUICPay、iD なし タッチのみ なし

 

まずポイント還元率はオリガミペイは基本的に2%ですが、先に述べたようにKyashとクレジットカードを組み合わせたポイント3重取りにすれば5%までアップさせることが可能です。

これは現在のスマホ決済全体を見てもトップクラスの高さとなるため、「一番得をしたい」と考える場合には有力な選択肢となります。

しかし「スマホをかざすだけで決済完了」という手軽さはsuicaや楽天Edyなどが優れていて、これらは使える店舗もトップクラスに多いです。

結局、電子マネー(スマホ決済)がユーザーに選ばれる主な基準は以下の3つに絞られます。

 

  • 加盟店の多さ
  • お得さ(ポイント還元率)
  • 使いやすさ

 

これらを踏まえて当サイトでは現在、各電子マネーやスマホ決済のおすすめランキングを以下の通りとしています。

 

第1位:交通&買い物に使える便利さ
モバイルSuica

第2位:使えるお店が多い
楽天Edy、QUICPay、iD

第3位:送金サービス&お得さ最強クラス
PayPay

第4位:今、最も高いポイント還元率
オリガミペイ

 

それぞれのメリット・デメリットを知ったうえで選び分けていくのがおすすめです。

 

「結局、電子マネーやスマホ決済って今どれが一番便利なの?」という方はこちらをご覧ください。

電子マネーおすすめ比較ランキング!最強スマホ決済の種類&やり方2019

 

まとめ:オリガミペイはお得さトップクラス!

ポイント3重取りで還元率5%にまでアップできる、豊富なクーポンキャンペーンも受けられる。

そんなメリットを持つオリガミペイは現在の電子マネー、スマホ決済の中でもトップクラスのお得さとなっており、ここにより魅力を感じる方なら積極的に利用をおすすめしたいサービスと評価できます。

そしてオリガミペイを使うなら、高還元の年会費無料クレジットカードである楽天カード、Yahoo! JAPANカードを組み合わせていくのがおすすめです。

Yahoo! JAPANカードは現在トップクラスのポイント還元率1.0%で、なおかつ日本最大級のポイントサービスであるTポイントがもらえるのが一番のメリットです。

つまり最もTポイントが貯めやすく使いやすいクレジットカードです。

 

Tポイント

 

Tポイントが使える主なお店
ツタヤ、ファミリーマート、ソフトバンク、吉野家、三越伊勢丹、ヤフーショッピング、LOHACO、マルエツ、スリーエフ、ジョナサン、スポーツデポ、ドラッグイレブン、その他多数

参照
Tポイント加盟店一覧(外部サイト)

 

年会費無料スピーディーな審査入会時のポイント特典なども大きな魅力となっています。

 

 

 

そして楽天カード。

楽天カードによる支払いで付与される楽天スーパーポイントは、日本最大級のネットショッピングモール(ネット商店街)である楽天市場をはじめ、楽天ブックス、楽天オークション、楽天銀行など様々なサービスで利用可能です。

 

ポイント

 

楽天スーパーポイントが使える主なお店
マクドナルド、ミスタードーナツ、くら寿司、つぼ八、デイリーヤマザキ、ビックカメラ、ソフマップ、コスモ石油など

参照
楽天スーパーポイント加盟店一覧(外部サイト)

 

楽天カードもYahoo! JAPANカードと同じく年会費無料スピーディーな審査入会時のポイント特典が評判です。

 

↓楽天カードを公式サイトから申し込む↓

 

 

どの決済方法をメインに使うかで、それぞれのカードを選び分けていくと良いでしょう。

さらに「使いやすさ」も踏まえて考えるなら、当サイトでは以下の決済方法をおすすめしいていますので、以下の記事もぜひご参照ください。

 

第1位:交通&買い物に使える便利さ
モバイルSuica

第2位:使えるお店が多い
楽天Edy、QUICPay、iD

第3位:送金サービス&お得さ最強クラス
PayPay

第4位:今、最も高いポイント還元率
オリガミペイ

 

「結局、電子マネーやスマホ決済って今どれが一番便利なの?」という方はこちらをご覧ください。

電子マネーおすすめ比較ランキング!最強スマホ決済の種類&やり方2019

 







2019年クレジットカードランキング(カード名クリックで評価レビューへ)

カード名 評価 還元率 ポイント種類&特徴
楽天カード A+ 1% 楽天スーパーポイント 顧客満足度で10年連続1位 楽天を利用しているなら第一候補
Yahoo! JAPANカード A+ 1% Tポイント Tポイントが最も貯めやすく使いやすいバランスに優れる優良カード
リクルートカード※  A 1.2% リクルートポイント(ポンタに交換可能) 無料カードで最もポンタが貯めやすい
ピーワンウィズ A 1.5% ポケットポイント 最強クラスの還元率1.5% 1%は請求額から自動割引 リボ払い専用カード
DCカードジザイル A 1.5% DCハッピープレゼント 最強クラスの還元率1.5% ポイント交換先が豊富 リボ払い専用カード
dカード A 1% dポイント 高還元でdポイントが貯まる。docomoユーザーはポイントがケータイ料金支払いにすぐ使えて便利 年1回使えば年会費無料 ローソンが5%オフ
au WALLETクレジットカード A 1% WALLETポイント auユーザーは年会費無料&ポイントがケータイ料金支払いにすぐ使えて便利
アマゾンカード A 1% Amazonポイント Amazonで還元率1.5%にアップ Amazonで最もお得で使いやすい 年1回使えば年会費無料
レックスカード B+ 1.25% レックスポイント 高還元&ポイントが現金還元されるカード 利用額しだいで年会費無料も可
ビックカメラsuicaカード B+ 1.0% JREポイント&ビックポイント suicaつきカードで一番の還元率 オートチャージで改札が手間いらずに 年1回使えば年会費無料

印は年会費が無料 11位以降を含めた総合ランキングはこちら

おすすめクレジットカード

楽天カード

10年連続顧客満足度ナンバーワンの年会費無料カード。ポイントの貯めやすさ(楽天ポイントが還元率1%でもらえる)、使いやすさ、審査の通りやすさなど、バランスに優れる優良カード。豊富なポイントアップキャンペーンも魅力。

普段から楽天を利用する方なら第一選択肢のカード。

-電子マネー

Copyright© クレジットカードびぎなーず! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.