PayPayカードとは?ヤフーカード終了で違い比較&Tポイントはどうなる

投稿日:

 

PayPayカード誕生?

 

現在、Tポイントが最も貯めやすく使いやすいクレジットカードとして人気のYahoo! JAPANカード(通称:ヤフーカード)が終了に向かうというニュースが出てきました。

そのかわり、ヤフーは新たに「PayPayカード」の準備を進めているとされています(すでに商標登録も出願済み)

ではなぜヤフーカードは終了となるのか、そして新たに登場する可能性の高いPayPayカードでは何がどう変わっていくのか。

現段階でわかっていることをまとめて、PayPayカードの今後の動向を考察します。

 

スポンサーリンク

 

ヤフーカード終了の理由

まず改めてヤフーカードとは、ヤフーが発行しているクレジットカードです。

 

2カード

 

その一番のメリットは支払いに使うと100円あたり1ポイントのTポイントがもらえる点にあります(還元率1%)。

 

Tポイント

 

Tポイントは様々なお店で使える日本最大級の共通ポイントサービスであり、使いやすさに優れています。

また、ヤフーカードはTポイントカードとしての機能も持っているため、Tポイント加盟店で使えば「カード提示によるTポイント獲得+ヤフーカード支払いによるTポイント獲得」というTポイント2重取りも可能でした。

そんな便利さで評価の高かったヤフーカードがなぜ終了するのか。

その理由には、まず「ヤフー」というブランド名からの脱却があります。

 

ヤフー

 

もともと「ヤフー」というブランド名はアメリカ企業のヤフーからライセンスを受けて利用してきたものであり、今でもこの名称を使うだけで3%の利用料が必要になるとのこと。

よってこれを避けるため、2019年10月からヤフーは社名を「Zホールディングス」に変更するなどして「ヤフー」という名前からの脱却を図ろうとしています。

その流れで、クレジットカード事業からも「ヤフー」の名前を外すということのようです。

そしてもうひとつは「PayPay」ブランドの促進です。

PayPayはソフトバンクとヤフーが始めたQRコード決済サービスであり、「100億円キャンペーン」を実施するなどかなり力をいれて普及させようとしています。

 

ロゴ

 

そして今後は「ヤフー」に変わるブランド名として「PayPay」という名前を浸透させていくために「PayPayカード」「PayPay銀行」「PayPay証券」などが次々と商標登録されています。

ちょうど楽天がネットショッピング、旅行、銀行、証券など様々なサービスを展開して楽天ポイントで相互利用を促進して「楽天経済圏」をつくっているように、PayPay支払いやPayPayポイントによる「PayPay経済圏」を目指すものと思われます。

 

「ヤフー」から「PayPay」へブランド名を衣替えして定着させていく。

 

その流れでヤフーカードも終了を迎えるという流れのようです。

 

 

ヤフーカード→PayPayカードで何が変わる?Tポイントは?

では、ヤフーカードがPayPayカードになることで具体的にどんな変化が起こるのでしょうか?

まずほぼ確実と思われるのが「Tポイントからの離脱」です。

近年、Tポイントは「顧客データを得るために利用料が取られる」との理由で企業から少しずつ敬遠されがちになっており、例えばファミマも独自の「ファミペイ」を始めるなどして距離を置き始めています。

ヤフーもPayPay決済を中心にすることで顧客データが得られることから、これを機にTポイントから離脱する可能性が高いです。

つまりPayPayカードは「100円の支払いあたり1PayPayポイントを付与する」などの仕組みになりそうです。

そして、PayPay支払いにメリットを与えることも行われる可能性が高いです。

今でもPayPayはヤフーカードと組み合わせることにより、驚異のポイント還元率4%が得られる仕組みとなっており、こうしたお得さはPayPayでも引き継がれてくるでしょう。

 

4%還元

※PayPayのチャージ方法と「お得さ」の関係

チャージ方法 ポイント還元率 PayPayチャンス
Yahoo! JAPANカード 3%+Tポイント1%=4% 20回に1回の確率で当選
銀行口座 3% 20回に1回の確率で当選
Yahoo!マネー 3% 20回に1回の確率で当選
その他のクレジットカード 0.5%+利用クレカのポイント 対象外

※「PayPayチャンス」とは、当選すると支払全額がポイントでキャッシュバックされるサービス(1回あたりの上限は1000ポイント)

 

 

また、すでに展開されているヤフーショッピングやロハコ、今後登場が予想されるPayPay銀行など新たなサービスの利用においても、よりお得な特典やキャンペーンなどを打ち出してくるものと思われます。

つまり「Tポイント経済圏」から、自分たちグループ独自の「PayPay経済圏」への移行ですね。

おそらくヤフーショッピングやワイモバイルなど、いずれヤフーのサービスすべてからTポイントは関わりがなくなり、PayPayポイントに置き換わっていくと思われます(すでに少しずつ動きはあります)。

そして今後日本では、様々なサービス利用において「楽天派」「PayPay派」に二分されていくのかもしれません。

いずれにせよ、ヤフー&ソフトバンクが大きな資本力を使って展開してくるPayPayカードはお得度の高いクレジットカードになっていくことでしょう。

 

まとめ

「ヤフー」ブランドから「PayPay」ブランドへの変化の流れで登場が予想されるPayPayカード。

おそらくTポイントからも離脱して、PayPay支払い、PayPayポイントを軸にした新たなサービス、試みが続々と出てくることでしょう。

スマホ決済PayPayのスタート時に行った「100億円キャンペーン」など、ユーザーをワクワクさせてくれるような展開に期待します!

 

「結局、電子マネーやスマホ決済って今どれが一番便利なの?」という方はこちらをご覧ください。

電子マネーおすすめ比較ランキング!最強スマホ決済の種類&やり方2019

 







2019年クレジットカードランキング(カード名クリックで評価レビューへ)

カード名 評価 還元率 ポイント種類&特徴
楽天カード A+ 1% 楽天スーパーポイント 顧客満足度で10年連続1位 楽天を利用しているなら第一候補
Yahoo! JAPANカード A+ 1% Tポイント Tポイントが最も貯めやすく使いやすいバランスに優れる優良カード
リクルートカード※  A 1.2% リクルートポイント(ポンタに交換可能) 無料カードで最もポンタが貯めやすい
ピーワンウィズ A 1.5% ポケットポイント 最強クラスの還元率1.5% 1%は請求額から自動割引 リボ払い専用カード
DCカードジザイル A 1.5% DCハッピープレゼント 最強クラスの還元率1.5% ポイント交換先が豊富 リボ払い専用カード
dカード A 1% dポイント 高還元でdポイントが貯まる。docomoユーザーはポイントがケータイ料金支払いにすぐ使えて便利 年1回使えば年会費無料 ローソンが5%オフ
au WALLETクレジットカード A 1% WALLETポイント auユーザーは年会費無料&ポイントがケータイ料金支払いにすぐ使えて便利
アマゾンカード A 1% Amazonポイント Amazonで還元率1.5%にアップ Amazonで最もお得で使いやすい 年1回使えば年会費無料
レックスカード B+ 1.25% レックスポイント 高還元&ポイントが現金還元されるカード 利用額しだいで年会費無料も可
ビックカメラsuicaカード B+ 1.0% JREポイント&ビックポイント suicaつきカードで一番の還元率 オートチャージで改札が手間いらずに 年1回使えば年会費無料

印は年会費が無料 11位以降を含めた総合ランキングはこちら

おすすめクレジットカード

楽天カード

10年連続顧客満足度ナンバーワンの年会費無料カード。ポイントの貯めやすさ(楽天ポイントが還元率1%でもらえる)、使いやすさ、審査の通りやすさなど、バランスに優れる優良カード。豊富なポイントアップキャンペーンも魅力。

普段から楽天を利用する方なら第一選択肢のカード。

-電子マネー

Copyright© クレジットカードびぎなーず! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.