PayPay(ペイペイ)チャージ方法&ポイント使い方。デメリットやキャッシュバックの評判は?

更新日:

ヘッダー PayPayの使い方

 

お得さトップクラス!

 

新しいスマホ決済サービスの「PayPay(ペイペイ)」が広がりを見せています。

近年クレジットカードのポイント還元率は下がりつつありますが、PayPayはポイント還元率1.5%、さらに1回の支払いで最大1,000円ぶんのキャッシュバックありと電子マネー全体でもトップクラスのお得さとなっています。

そこでこの記事では、新しい決済サービスであるこのPayPayのわかりやすい使い方や設定方法、メリット・デメリットについて述べていきます。

PayPayは無料でアプリインストールしてすぐ始められるので、以下の説明を参照してまずは試してみてはいかがでしょうか。

 

↓ 無料で始められるPayPayのアプリインストールはこちらから ↓


PayPayアプリをインストール(iPhone)


PayPayアプリをインストール(Android)

 

「結局、電子マネーやスマホ決済って今どれが一番便利なの?」という方はこちらをご覧ください。

電子マネーおすすめ比較ランキング!最強スマホ決済の種類&やり方2019

 

スポンサーリンク

 

PayPay(ペイペイ)とは?

まず改めてPayPayとは、ソフトバンクとヤフーの合弁会社が始めた新しいスマホ決済、QRコード決済サービスです。

 

公式

 

支払い方法は、専用アプリからQRコードを示してお店側に読み取ってもらう「ストアスキャン」(コード支払い)、お店側が示したQRコードをユーザーがスキャンして決済金額を入力する「ユーザースキャン」(スキャン支払い)の二種類があります。

 

支払い方法

 

QRコードを通じてやり取りを行うため、iPhoneやAndroidなど、どのスマホ機種でも利用できるというメリットがあります。

お店側の端末導入や決済時の手数料を当面無料としていることもあり、PayPayが使えるお店はどんどん拡大しています。

PayPayアプリのホーム画面から「近くのお店」をタップすれば、PayPay決済が利用可能な店舗が地図で探せます。

 

PayPayマップ

 

またPayPayは決済のみならず送金サービスも提供しています。

例えばワリカンなど知人どうしでお金を送り合いたい時にも、PayPayアプリから手数料なしで手軽に行えるのもメリットに挙げられます。

さらに最近は残高を銀行口座に出金するサービスもスタートし、これまでのお金のやり取りを大きく変えていく可能性が期待されています。

 

PayPayの「お得さ」は電子マネーでトップクラス!

そんなPayPayの最大のメリットは、電子マネー全体でもトップクラスにお得なポイント還元にあります。

PayPayに残高をチャージする方法は「銀行口座」と「クレジットカード」の2種類がありますが、銀行口座からチャージして支払った場合のみ支払金額の1.5%が「PayPayボーナス」として翌月にポイント還元されます。

 

PayPay1.5%バック

 

さらに銀行口座からのチャージで支払うと「PayPayチャンス」というサービスも受けられます。

これは支払いごとに当選すれば最大1,000円ぶん(当選確率1/100)、もしくは最大100円ぶん(当選確率1/25)のPayPayボーナスがポイントでキャッシュバックされるというものです。

 

PayPay当選

 

例えば「最大1000円キャッシュバック」に当選した場合、750円の買物なら750円ぶんのPayPayボーナスが翌月に加算され、1250円の買物なら1,000円ぶんのPayPayボーナスが翌月に加算されます。

このPayPayボーナスは、PayPayの残高として優先的に消費されるため使いやすさにも優れています。

 

チャージ方法とお得さの関係

ポイント還元 PayPayチャンス
銀行口座 1.5% あり
クレジットカード なし なし

 

PayPayは銀行口座チャージ利用でお得になるシステムとなっています。

そしてこの還元率1.5%+最大1,000円ぶんキャッシュバックありというお得さこそが、PayPayの最大の魅力となっています。

 

最もお得なのはヤフーカードによるチャージ!

そしてさらにお得にPayPayを使いたいと考える場合には、同じヤフーグループから発行されているクレジットカードであるYahoo! JAPANカード(通称:ヤフーカード)がおすすめです。

 

2カード

 

基本的にPayPayはクレジットカードチャージだとポイント還元もPayPayチャンスも受けられないのですが、Yahoo! JAPANカードだけは例外的にこれらのサービスを受けられます。

しかもYahoo! JAPANカード支払いによる1%のTポイント還元も併せて受けられますので、ポイント2重取り還元率2.5%が実現します。

 

PayPay&Yahoo! JAPANカード

 

比較すると以下の通りです。

 

チャージ方法 ポイント還元 PayPayチャンス
Yahoo! JAPANカード 1.5%+1%=2.5% あり
銀行口座 1.5% あり
その他のクレジットカード なし なし

 

これを機に「Tポイントが最強に貯まる無料クレジットカード」でもあるYahoo! JAPANカードを作ってみるのもおすすめです。

 

 

 

PayPayの登録手順&始め方

ではここからは、PayPayにクレジットカードを登録して使う具体的な手順を解説します。

まずPayPayアプリをダウンロードして開くと以下のような登録画面となります。

 

ロゴ

 

登録画面

 

Yahoo! JAPAN IDを持っていれば、それを使ってよりスムーズに利用者登録が可能です。

そしてホーム画面から金融機関やクレジットカードの登録をおすすめされるので、それに従って入力していきます。

クレジットカードで登録できるのはVISA、MasterCardのみでJCB、アメックス、ダイナースなどは非対応です(Yahoo! JAPANカードのみJCBも対応)

 

新PayPay画面1

 

そして支払い手段や支払い金額に応じて「PayPayボーナス」が後日に残高に加算されることとなります。

 

PayPay1.5%バック

 

獲得したポイント数がすぐわかりやすく示されて好印象です。

 

PayPayのポイントの使い方、キャッシュバックの仕組み

PayPayは原則として、利用した翌月にポイントキャッシュバックが行われ、その際にはアプリからも通知されます。

キャッシュバックされたポイントはPayPayボーナスと呼ばれます。

それぞれを確認するには、まずメイン画面の下にある「残高」をタッチします。

 

PayPay残高を示す

 

そして残高の下にある「内訳を見る」をタップすれば、それぞれの残高が示されます。

 

PayPay内訳

 

PayPayボーナス&ライト

 

PayPay残高の種類は以下の4つです。

 

PayPayマネー
銀行口座からチャージした残高

PayPayマネーライト
クレジットカードからチャージした残高

PayPayボーナス
支払いによってポイント還元された残高

PayPayボーナスライト
Yahoo!会員特典などで付与された残高

 

PayPayボーナスを使うからと言って、支払いの際に特別な操作は必要ありません。

「残高が増えただけ」と考えればOKです。

実際に支払いに使うとPayPayボーナスが優先的に消費され、それが無くなったらPayPayマネーが使われる仕組みとなっています。

 

PayPayのメリット・デメリットとは?

スマホ決済、ポイント還元、個人間送金などのメリットがあるPayPay。

では逆に、PayPayを他の決済方法と比較した場合のデメリットはどこにあるのでしょうか?現時点では主に以下のものが挙げられます。

  • まだ使えるお店が限られる
  • 毎回PayPayアプリを起動してから支払う必要あり

 

まだ使えるお店が限られる

利用可能店

 

PayPayはまだ2018年10月に始まったばかりのサービスであることから、今の時点ではまだ使えるお店の数は限られています。

しかしヤフー&ソフトバンクの資金力、組織力を活かして、お店側の端末導入や決済時の手数料を当面無料としており、使えるお店は今後どんどん拡大予定です。

 

PayPayが使えるor今後導入予定の主なお店
セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、松屋、HIA、ビックカメラ、コジマ、ヤマダ電機、ソフトバンクショップ、メガネドラッグ、モンテローザ系列(白木屋、魚民、笑笑、月の宴等)、ワタミ系列、エディオン、Joshin、ソフマップ、ポプラ、ウェルシア薬局 等

 

例えばPayPayは主要なコンビニではすべて利用可能となっています(セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン)。

ちなみにPayPayアプリのホーム画面から「全国のお店一覧」をタップすれば、PayPay決済が利用可能な店舗が地図で探せます。

 

PayPayマップ

 

例えば私は初めてのPayPay利用はファミマでした(^^)

 

ファミマ

 

現在でもPayPayは電子マネーの中ではトップクラスのユーザー数(1500万人)、加盟店の多さ(全国150万店以上)となっており、使えるお店はより広がっていくことが予想されます。

 

毎回PayPayアプリを起動する必要あり

スマホ

 

例えばSuicaや楽天Edyなどはスマホを一切操作せずにかざすだけで支払いが完了しますが、PayPayは一度アプリを起動してQRコードを提示するか、お店側のQRコードをスキャンして金額入力するという一手間が必要となります。

このあたりは慣れの問題でもありますが、操作不要で決済できる電子マネーに慣れた方だと最初は少しわずらわしさを感じるかもしれません。

 

まとめ:PayPayを始めてみよう!

「100億円バラマキキャンペーン」など、ヤフー&ソフトバンクが総力を挙げて普及に取り組んでいるPayPay。

今後、キャッシュレス決済のひとつとして定着していくのはほぼ確実と思われますので、まずはスマホからPayPayアプリを入れてみてその使い心地を確かめてみてはいかがでしょうか。

PayPayは今だとアプリインストール&銀行口座登録するだけで1,000円ぶんの残高がもらえるので、以下の説明を参照してまずは試してみてはいかがでしょうか。

 

↓ 無料で始められるPayPayのアプリインストールはこちらから ↓


PayPayアプリをインストール(iPhone)


PayPayアプリをインストール(Android)

 

「結局、電子マネーやスマホ決済って今どれが一番便利なの?」という方はこちらをご覧ください。

電子マネーおすすめ比較ランキング!最強スマホ決済の種類&やり方2019

 







2019年クレジットカードランキング(カード名クリックで評価レビューへ)

カード名 評価 還元率 ポイント種類&特徴
楽天カード A+ 1% 楽天スーパーポイント 顧客満足度で10年連続1位 楽天を利用しているなら第一候補
Yahoo! JAPANカード A+ 1% Tポイント Tポイントが最も貯めやすく使いやすいバランスに優れる優良カード
リクルートカード※  A 1.2% リクルートポイント(ポンタに交換可能) 無料カードで最もポンタが貯めやすい
ピーワンウィズ A 1.5% ポケットポイント 最強クラスの還元率1.5% 1%は請求額から自動割引 リボ払い専用カード
DCカードジザイル A 1.5% DCハッピープレゼント 最強クラスの還元率1.5% ポイント交換先が豊富 リボ払い専用カード
dカード A 1% dポイント 高還元でdポイントが貯まる。docomoユーザーはポイントがケータイ料金支払いにすぐ使えて便利 年1回使えば年会費無料 ローソンが5%オフ
au WALLETクレジットカード A 1% WALLETポイント auユーザーは年会費無料&ポイントがケータイ料金支払いにすぐ使えて便利
アマゾンカード A 1% Amazonポイント Amazonで還元率1.5%にアップ Amazonで最もお得で使いやすい 年1回使えば年会費無料
レックスカード B+ 1.25% レックスポイント 高還元&ポイントが現金還元されるカード 利用額しだいで年会費無料も可
ビックカメラsuicaカード B+ 1.0% JREポイント&ビックポイント suicaつきカードで一番の還元率 オートチャージで改札が手間いらずに 年1回使えば年会費無料

印は年会費が無料 11位以降を含めた総合ランキングはこちら

おすすめクレジットカード

楽天カード

10年連続顧客満足度ナンバーワンの年会費無料カード。ポイントの貯めやすさ(楽天ポイントが還元率1%でもらえる)、使いやすさ、審査の通りやすさなど、バランスに優れる優良カード。豊富なポイントアップキャンペーンも魅力。

普段から楽天を利用する方なら第一選択肢のカード。

-電子マネー
-,

Copyright© クレジットカードびぎなーず! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.