楽天カード消費税キャッシュレスポイント還元まとめ!楽天ペイが超得!

更新日:

消費税増税&楽天カード

 

楽天カードを増税でお得に使うには?

 

2019年10月からついに消費税が8→10%に引き上げられておサイフへの負担が増えることになります。

政府は今回の増税に合わせたポイント還元事業も実施しますので、こちらもぜひ有効活用していきたいところです。

そこでこの記事では、長らく顧客満足度ナンバーワンと高い評価を受けていて知名度も高い楽天カードの消費税増税後のお得な活用法について述べていきます。

先に要点を挙げれば以下の通りとなります。

 

  • 楽天カードを対象店舗で使えば2%もしくは5%還元
  • 楽天スーパーポイントとして還元される
  • 楽天ペイがどのお店でも5%還元キャンペーンを開始するので活用しよう!

 

特に楽天ペイが増税のタイミングで「楽天ペイが使えるお店ならどこでも5%還元」キャンペーンを開始する点に注目です!

 

消費税増税にともなう政府ポイント還元事業とは?

消費税増税

2019年10月の消費税増税に合わせて政府は「キャッシュレス・消費者還元事業」を開始します。

これは小規模事業者が経営する店舗でのキャッシュレス決済に限り、政府が5%もしくは2%のポイント還元を負担するというものです(2020年6月30日までの9ヶ月間実施)。

 

  • 中小店舗→5%還元
  • フランチャイズチェーン傘下の中小店舗→2%還元

 

楽天カードは通常の支払い利用で1%のポイント還元が受けられますので、これにさらに2%もしくは5%が上乗せされるということになります。

事業者が国に申請したお店のみでこの政府ポイント還元が受けられ、対象店にはこの「キャッシュレス・消費者還元事業マーク」が示されます(2019年9月現在で約50万店)。

 

還元マーク

 

2%還元なのか、5%還元なのかは店頭にこうしたポスターも提示予定とされているので参考にしたいところです。

 

ポスター

 

この政府ポイント還元が受けられるのはリアル店鋪のみならず、Amazon、楽天、ヤフーショッピングなどのECサイトに出品している小規模店舗も対象となります。

またコンビニや外食、ガソリンスタンドといった大手系列のフランチャイズチェーンは例外的に「支払い額から2%引き」という便利な方式となっていますので、ぜひ活用したいところです。

 

楽天カードはポイントで還元される!

では楽天カードで政府ポイント還元を受ける場合、具体的にどういうかたちで還元されるのでしょうか。

この還元方法はクレジットカード会社によって異なります。

例えばクレジットカード大手6社(JCB、クレディセゾン、三井住友カード、ユーシーカード、イオンフィナンシャルサービス、MUFGカード)は「請求金額からの値引き」となっています。

しかし楽天カードの場合は、おなじみの楽天スーパーポイントとして還元されます。

 

ポイント

「政府ポイント還元の対象店で楽天カードを使えば、もらえる楽天ポイントが増える」

 

そう理解しておけばOKです。

 

なるべくお得にポイント還元を得るには?

消費税増税を受けて一番関心があるのは「どうすればなるべく得できるか?」ですよね。

楽天ユーザーの方には特におすすめの方法があります。

それが、スマホ決済の楽天ペイを利用するというものです。

 

楽天ペイ

 

消費税増税のタイミングで楽天ペイは「楽天ペイアプリのお支払いで最大5%還元」キャンペーンを実施します。

 

楽天ペイキャンペーン

 

これは今回の政府ポイント還元事業と組み合わせて実施されるもので、政府から5%還元を受けられない店鋪でも楽天側が補って、楽天ペイが使える店鋪ならすべての支払を5%還元にするものです。

 

政府からのポイント還元 楽天ペイからのポイント還元 合計
政府5%還元店鋪 5% 0% 5%
政府2%還元店鋪 2% 3% 5%
その他の店鋪 0% 5% 5%

※期間中3000ポイントまで
※付与されるのは2020年1月31日までの期間限定ポイント

 

例えば主要コンビニで楽天ペイを使うと、政府からのポイント還元が2%、楽天ペイからのポイント還元が3%で合計5%の楽天スーパーポイントがもらえます。

実施期間は2019年10月1日~12月2日とされていますが、「第1弾」と名づけられているのでその後も新しいキャンペーンが展開される可能性は十分あると思います。

 

楽天ペイとは?

公式

 

改めて楽天ペイについても解説します。

楽天ペイとは、日本で近年広まりつつあるQRコード決済サービスのひとつです。

専用のスマホアプリ(iPhoneでもAndroidでも利用可能)からQRコードを表示してお店に読み取ってもらうことで支払いができます。

 

アプリ

 

また、お店が示したQRコードをアプリからのカメラで読み取って金額を入力して支払うことなども可能です。

楽天ペイを使うには、事前に手持ちのクレジットカードをアプリに登録する必要があります。

そして楽天ペイで支払ったぶんは、その登録したカードによる支払いと同じように処理されます。

つまり楽天ペイとは、カード払いをスマホに置き換えたものとも言えます。

支払い時にクレジットカードを取り出さず、店員に直接渡す必要もないという点で手軽さやセキュリティに優れているのがメリットです。

その主なメリットは以下の2つです。

 

楽天ペイのメリット①:支払いに使うと楽天スーパーポイントがもらえる

楽天ペイを支払いに使うと、楽天グループのサービス全体で使える楽天スーパーポイントがもらえます(200円あたり1ポイント、還元率0.5%)。

 

ポイント

 

登録したクレジットカードのポイントと合わせればポイント二重取りが可能となります。

例えば、楽天カードを楽天ペイのアプリに登録して支払いに使うと、楽天スーパーポイントが二重取りで合計の還元率1.5%となります。

 

ポイント還元

 

ちなみに同じく楽天グループが提供する電子マネー「楽天Edy」だと、「楽天カード+楽天Edy」の組み合わせは合計の還元率が1.0%となります。

 

ポイント還元

 

 

「楽天スーパーポイントの貯めやすさ」という点では、楽天ペイのほうがより優れています。

 

楽天ペイのメリット②:楽天スーパーポイント、期間限定ポイントが支払いに使える

買い物

 

楽天ペイは、支払いにも楽天スーパーポイントを使えます。

アプリのホーム画面の下部にある「すべてのポイント/キャッシュを使う」にチェックすれば、楽天スーパーポイントを優先的に支払いに使えます。

 

楽天ペイでポイントを使う

 

特に大きいのが、楽天スーパーポイントの一種である期間限定ポイントも支払いに使えるという点です。

かつて期間限定ポイントは楽天グループ以外での使いみちに乏しく、そのまま失効してしまいやすいものでした。

しかし楽天ペイだと、例えばファミマやローソンなどのコンビニでも利用可能であるため、無駄に持て余す可能性は少なくなりました。

期間限定ポイントの使いみちに悩んでいる方には特に助かる仕組みとなっています。

今回の「楽天ペイアプリのお支払いで最大5%還元」キャンペーンも期間限定ポイントとして付与されるので、楽天ペイだと使いやすくなっています。

 

まとめ:増税対策に楽天カード&楽天ペイを使おう

改めて、2019年10月からの消費税増税にともなう楽天カードの使い方、要点は以下の通りとなります。

  • 楽天カードを対象店舗で使えば2%もしくは5%還元
  • 楽天スーパーポイントとして還元される
  • 楽天ペイがどのお店でも5%還元キャンペーンを開始するので活用しよう!

特に楽天ペイが増税のタイミングで「楽天ペイが使えるお店ならどこでも5%還元」キャンペーンを開始しますので、これも有効に活用して増税に備えることをおすすめします。

 

↓楽天カードを公式サイトから申し込む↓

 

「結局、電子マネーやスマホ決済って今どれが一番便利なの?」という方はこちらをご覧ください。

電子マネーおすすめ比較ランキング!最強スマホ決済の種類&やり方2019

 







2019年クレジットカードランキング(カード名クリックで評価レビューへ)

カード名 評価 還元率 ポイント種類&特徴
楽天カード A+ 1% 楽天スーパーポイント 顧客満足度で10年連続1位 楽天を利用しているなら第一候補
Yahoo! JAPANカード A+ 1% Tポイント Tポイントが最も貯めやすく使いやすいバランスに優れる優良カード
リクルートカード※  A 1.2% リクルートポイント(ポンタに交換可能) 無料カードで最もポンタが貯めやすい
ピーワンウィズ A 1.5% ポケットポイント 最強クラスの還元率1.5% 1%は請求額から自動割引 リボ払い専用カード
DCカードジザイル A 1.5% DCハッピープレゼント 最強クラスの還元率1.5% ポイント交換先が豊富 リボ払い専用カード
dカード A 1% dポイント 高還元でdポイントが貯まる。docomoユーザーはポイントがケータイ料金支払いにすぐ使えて便利 年1回使えば年会費無料 ローソンが5%オフ
au WALLETクレジットカード A 1% WALLETポイント auユーザーは年会費無料&ポイントがケータイ料金支払いにすぐ使えて便利
アマゾンカード A 1% Amazonポイント Amazonで還元率1.5%にアップ Amazonで最もお得で使いやすい 年1回使えば年会費無料
レックスカード B+ 1.25% レックスポイント 高還元&ポイントが現金還元されるカード 利用額しだいで年会費無料も可
ビックカメラsuicaカード B+ 1.0% JREポイント&ビックポイント suicaつきカードで一番の還元率 オートチャージで改札が手間いらずに 年1回使えば年会費無料

印は年会費が無料 11位以降を含めた総合ランキングはこちら

おすすめクレジットカード

楽天カード

10年連続顧客満足度ナンバーワンの年会費無料カード。ポイントの貯めやすさ(楽天ポイントが還元率1%でもらえる)、使いやすさ、審査の通りやすさなど、バランスに優れる優良カード。豊富なポイントアップキャンペーンも魅力。

普段から楽天を利用する方なら第一選択肢のカード。

-電子マネー, 最新!クレジットカード関連ニュース
-,

Copyright© クレジットカードびぎなーず! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.