A評価 リクルートカードは高還元率1.2%&ポンタ!評価レビュー

更新日:

公式ページ

 

高い還元率でポンタが貯められる!

 

転職サイト「リクナビ」や無料クーポンマガジン「ホットペッパー」などで知られるリクルートから発行されているリクルートカード。

クレジットカード全体でもトップクラスの還元率1.2%となっており、得られたポイントはローソンなどで使える共通ポイントサービスPonta(ポンタ)に交換できることがメリットとなっています。

このカードは特に無料クレジットカードでポンタをたくさん貯めたいという方にとって第一候補となるカードです。

当サイトでも、その使いやすさからA評価と高いランキングづけとしています。

ここではリクルートカードの詳細とメリット・デメリット、他のカードと比較して見える違いについて述べていきます。

 

「今最も使いやすくてお得なクレジットカードはどれ?」という方はこちらをご覧ください。

クレジットカードおすすめ比較ランキング2019!今お得&人気のカードは?

 

スポンサーリンク

 

主な特徴と評価

まず、リクルートカードの主な特徴と評価は以下の通りとなります。

 

リクルートカード
カード
ポイント還元率 ポイントの使いやすさ 入会特典 総合評価
1.2% B+ 最大8,000円分のポイント付与 A
  • 年会費:無料
  • 付与されるポイント:リクルートポイント
  • 決済ブランド:VISA、JCB
  • ETCカード:あり(無料。ただしJCBを選んだ場合のみ新規発行手数料1000円+税)
  • 家族カード:あり(無料)
  • 盗難保険:あり
  • 旅行保険:あり
  • ショッピング保険:あり
  • 口座引き落とし日:翌月10日(15日締め)

公式サイトへ

 

クレジットカード選びで最も注目すべきは、支払いによって付与されるポイントの種類とその還元率です。

リクルートカードは、還元率1.2%と無料クレジットカードのなかでトップクラスの還元率を誇ります。

付与されるポイントはリクルートポイントで、これは「ホットペッパー」や「じゃらん」などのリクルート系のサービスで使用可能です。

特に注目すべきは、このリクルートポイントはローソンを始め多くの店舗で使える共通ポイントサービスPonta(ポンタ)と交換できることであり、これにより使いみちが大幅に広まります。

当サイトではクレジットカード選びに重要な点として以下の4つを挙げています。

  • ポイントが貯めやすい(還元率)
  • ポイントが使いやすい
  • 入会費&年会費が無料
  • 審査が通りやすい

リクルートカードはこれらの項目をよく満たしていることから、高めのA評価としています。

特に「無料カードで効率良くポンタを貯めたい」と考える方にとって第一選択となるカードです。

 

無料カードでトップクラスの還元率1.2%

OK

クレジットカードの最大の魅力は、現金で支払う手間が省けることに加えて、使った金額に応じて各種のポイントがもらえること、つまりポイント還元にあります。

例えばポイント還元率1%のクレジットカードであれば、100円の支払いあたり1円ぶんのポイントが付与され、そのポイントをまたお買い物や各種サービスに使うことが可能です。

付与されるポイントの種類と還元率はカードごとに異なっており、ここがクレジットカードを選ぶ際の一番の注目ポイントとなります。

現在、当サイトが選ぶベスト10クレジットカードのポイント種類と還元率は以下のようになります。

 

2019年クレジットカードランキングベスト10(カード名クリックで評価レビューへ)
カード名 評価 還元率 ポイント種類&特徴
Yahoo! JAPANカード A+ 1% Tポイント Tポイントが最も貯めやすく使いやすいバランスに優れる優良カード
楽天カード A+ 1% 楽天スーパーポイント 顧客満足度で10年連続1位 楽天を利用しているなら第一候補
リクルートカード※  A 1.2% リクルートポイント(ポンタに交換可能) 無料カードで最もポンタが貯めやすい
ピーワンウィズ A 1.5% ポケットポイント 最強クラスの還元率1.5% 1%は請求額から自動割引 リボ払い専用カード
DCカードジザイル A 1.5% DCハッピープレゼント 最強クラスの還元率1.5% ポイント交換先が豊富 リボ払い専用カード
dカード A 1% dポイント 高還元でdポイントが貯まる。docomoユーザーはポイントがケータイ料金支払いにすぐ使えて便利 年1回使えば年会費無料 ローソンが5%オフ
au WALLETクレジットカード A 1% WALLETポイント auユーザーは年会費無料&ポイントがケータイ料金支払いにすぐ使えて便利
アマゾンカード A 1% Amazonポイント Amazonで還元率1.5%にアップ Amazonで最もお得で使いやすい 年1回使えば年会費無料
レックスカード B+ 1.25% レックスポイント 高還元&ポイントが現金還元されるカード 利用額しだいで年会費無料も可
ビックカメラsuicaカード B+ 1.0% JREポイント&ビックポイント suicaつきカードで一番の還元率 オートチャージで改札が手間いらずに 年1回使えば年会費無料
印は年会費が無料。11位以降を含めた総合ランキングはこちらから

 

全体的に見てクレジットカードの還元率は0.5%が平均であり、リクルートカードの還元率1.2%はトップクラスの高さとなっています。

「ピーワンウィズ」や「DCカードジザイル」などのように、より還元率の高いカードもありますが、それらは「リボ払い専用カード」という使いづらさもあります。

「使いやすくて高還元」という意味で考えれば、リクルートカードがより上回っていると評価できます。

 

リクルートポイントはポンタと交換がおすすめ

では、還元率と同じくらい大事「ポイントの使いやすさ」はどうでしょうか?

リクルートカードを使うことによって付与されるポイントは独自のリクルートポイントです。

ポイント

リクルートポイントには主に以下の使いみちがあります。

  • じゃらんネット(宿泊予約)
  • ポンパレモール(ネット通販)
  • ホットペッパーグルメ(居酒屋・レストラン予約)
  • ホットペッパービューティー(美容室)
  • ポンパレ
  • その他

参照
リクルートポイントの使いかた(公式サイト)

 

リクルートポイントは主にリクルート系のサービスに使えるのですが、Tポイントや楽天スーパーポイントなどのメジャーなポイントサービスと比較すると決して使いみちが広いとは言えず、ずっとリクルートカードのデメリットとされてきました。

しかし、リクルートポイントはPonta(ポンタ)と交換が可能となって以降、その使いやすさが一気にアップしました。

 

ポンタ

 

ポンタと言えば、ローソンなど様々な店舗で使える共通ポイントサービスの代表格です。

「ローソンでもらえる&使えるポイント=ポンタ」と覚えている方も多いのではないでしょうか。

 

ローソン店舗

 

ポンタはローソン以外にも主な以下の店舗、サービスで幅広く使えます。

  • GEO(ゲオ)
  • ビックカメラ
  • ケンタッキー
  • 昭和シェル石油
  • HIS(オンライン予約限定)
  • HMV
  • dポイントとの交換
  • JALポイントとの交換
  • その他多数

参照
Ponta(ポンタ)がたまる・使える店舗とサービス一覧(公式サイト)

 

つまり、リクルートポイントはポンタに交換するのが最も使いやすいと言えます。

 

具体的な手順としては、まず専用サイト「Ponta Web」でリクルートポイントをポンタに交換します。

 

PontaWeb

 

それから「Pontaカード公式アプリ」でポイントを確認し、バーコードを表示させれば、スマホからポンタを様々なお店で使うことが可能となります。

 

ポンタアプリ

 

こうすることで簡単&便利にポイントを使っていくことが可能となります。

 

楽天カード&Yahoo! JAPANカードとの比較

楽天カード&Yahoo! JAPANカード

当サイトでは現在、一番おすすめのクレジットカードを楽天カード、Yahoo! JAPANカードとしています。

以下に、リクルートカードとこれらのカードの比較をまとめます。より優れたほうを色付けしています。

 

リクルートカード 楽天カード Yahoo! JAPANカード
年会費 無料 無料 無料
還元率 1.2% 1% 1%
ポイントの種類 リクルートポイント 楽天スーパーポイント Tポイント
ポイントの使いやすさ B+ A A

 

まず、基本の還元率ではリクルートカードが上回ります(1.2%)。

ただしポイントの使いやすさでは楽天のサービスにそのまま使える楽天スーパーポイント、日本最大級のポイントサービスであるTポイントがもらえる楽天カード、Yahoo! JAPANカードが上回ります。

リクルートカードの場合はいったん専用サイトでポンタに交換する必要があり、ひと手間かかる点でわずかに使いやすさは劣ります。

楽天カードとYahoo! JAPANカードは審査も通りやすく、全体的なバランスに優れているため、当サイトではメインカードとしてまず最初におすすめしています。

参照
楽天カードとYahoo! JAPANカードがベストである4つの理由とは?

 

一方、リクルートカードのメリットは高還元率1.2%でリクルートポイント(=ポンタ)が貯められる無料カードという点にありますので、

この点をより重視する方にとっては最も価値の高いカードと言えます。

 

リクルートカードのデメリットは?

リクルートカードは無料ながら1.2%という還元率の高さで優良クレジットカードのひとつと評価できるのですが、やはりポンタとの交換にひと手間かかる点が気になります。

 

ポイント交換

 

リクルートポイントとポンタは現在統合が進められていますが、今はまだリクルートカードの使用で得られるのは使いみちが限られるリクルートポイントであるため、楽天カードやYahoo! JAPANカードに比較するとわずかに使いやすさが下がります。

 

クレジットカードのポイントは、普段の支払いですぐそのまま使えるのがベストです。

 

リクルートポイントとポンタは専用サイトで簡単に交換することができ、慣れてしまえばほとんど気になりませんが、そうでない方にとってはTポイントや楽天スーパーポイントが貯まる楽天カード、Yahoo! JAPANカードがより使いやすいと言えます。

参照
使いやすさ重視!クレジットカード総合比較ランキング

 

まとめ&どんな人が選ぶべき?

無料クレジットカードで1.2%と屈指の還元率の高さを誇るリクルートカードは、無料クレジットカードでポンタを最大限に貯めたいと考える方にとってベストチョイスとなります。

クレジットカード選びで重要なポイントを比較的良く満たしていることから、当サイトでもA評価と高めのランキングづけとしています。

 

↓リクルートカードを公式サイトから申し込む↓

 

他にも様々なメリットを持つクレジットカードがありますので、選ばれる際は比較検討して、ご自身にあった選び方をされることをおすすめします。

当サイトの比較ランキング、評価レビューもぜひご参照ください。

 

A評価

 

「今最も使いやすくてお得なクレジットカードはどれ?」という方はこちらをご覧ください。

クレジットカードおすすめ比較ランキング2019!今お得&人気のカードは?

 







2019年クレジットカードランキング(カード名クリックで評価レビューへ)

カード名 評価 還元率 ポイント種類&特徴
楽天カード A+ 1% 楽天スーパーポイント 顧客満足度で10年連続1位 楽天を利用しているなら第一候補
Yahoo! JAPANカード A+ 1% Tポイント Tポイントが最も貯めやすく使いやすいバランスに優れる優良カード
リクルートカード※  A 1.2% リクルートポイント(ポンタに交換可能) 無料カードで最もポンタが貯めやすい
ピーワンウィズ A 1.5% ポケットポイント 最強クラスの還元率1.5% 1%は請求額から自動割引 リボ払い専用カード
DCカードジザイル A 1.5% DCハッピープレゼント 最強クラスの還元率1.5% ポイント交換先が豊富 リボ払い専用カード
dカード A 1% dポイント 高還元でdポイントが貯まる。docomoユーザーはポイントがケータイ料金支払いにすぐ使えて便利 年1回使えば年会費無料 ローソンが5%オフ
au WALLETクレジットカード A 1% WALLETポイント auユーザーは年会費無料&ポイントがケータイ料金支払いにすぐ使えて便利
アマゾンカード A 1% Amazonポイント Amazonで還元率1.5%にアップ Amazonで最もお得で使いやすい 年1回使えば年会費無料
レックスカード B+ 1.25% レックスポイント 高還元&ポイントが現金還元されるカード 利用額しだいで年会費無料も可
ビックカメラsuicaカード B+ 1.0% JREポイント&ビックポイント suicaつきカードで一番の還元率 オートチャージで改札が手間いらずに 年1回使えば年会費無料

印は年会費が無料 11位以降を含めた総合ランキングはこちら

おすすめクレジットカード

楽天カード

10年連続顧客満足度ナンバーワンの年会費無料カード。ポイントの貯めやすさ(楽天ポイントが還元率1%でもらえる)、使いやすさ、審査の通りやすさなど、バランスに優れる優良カード。豊富なポイントアップキャンペーンも魅力。

普段から楽天を利用する方なら第一選択肢のカード。

-クレジットカード比較ランキング&評価レビュー
-

Copyright© クレジットカードびぎなーず! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.