消費税キャッシュレスポイント還元事業&使える店まとめ!お得な決済種類は?

更新日:

ヘッダー 政府ポイント還元

 

政府ポイント還元って何?

 

2019年10月からついに消費税が8→10%に引き上げられておサイフへの負担が増えることになります。

政府は今回の増税に合わせた政府ポイント還元事業も実施しますので、こちらもぜひ有効活用して備えたいところです。

そこでこの記事では「政府ポイント還元事業とは何か」「どのお店で使えるのか」「どの決済方法を使うのがお得か」について述べていきます。

先に要点を挙げると以下の通りとなります。

 

  • 政府ポイント還元加盟店で5%もしくは2%が還元される
  • 店頭のシールやポスター、アプリで加盟店を探せる
  • 今使ってるキャッシュレス決済をそのまま使うのがわかりやすい
  • 楽天ペイ、PayPay、モバイルSuicaがこのタイミングでよりお得に!

 

「結局、電子マネーやスマホ決済って今どれが一番便利なの?」という方はこちらをご覧ください。

電子マネーおすすめ比較ランキング!最強スマホ決済の種類&やり方2019

 

スポンサーリンク

 

政府ポイント還元事業とは?

消費税増税

 

2019年10月の消費税増税に合わせて政府は「キャッシュレス・消費者還元事業」を開始します。

これは小規模事業者が経営する店舗でのキャッシュレス決済に限り、政府が5%もしくは2%の料金還元を負担するというものです(2020年6月30日までの9ヶ月間実施)。

 

  • 中小店舗 → 5%還元
  • フランチャイズチェーン傘下の中小店舗 → 2%還元

 

事業者が国に申請したお店のみでこのポイント還元が受けられ、対象店にはこの「キャッシュレス・消費者還元事業マーク」が示されます(2019年9月現在で約50万店)。

 

還元マーク

 

2%還元なのか、5%還元なのかは店頭のこうしたポスターでも示されます。

 

ポスター

 

加盟店を検索するアプリもリリースされています。

 

 

今回の増税は食料品などに対しては軽減税率(8%)が適用されます。

政府ポイント還元は原則どの商品でも等しく受けられるため、有効活用すれば増税前より安く買える商品も出てくることになります。

ただし換金性の高い商品(切手、印紙、商品券、プリペイドカードなど)は政府ポイント還元の対象外となっています。

この政府ポイント還元が受けられるのはリアル店鋪のみならず、Amazon、楽天、ヤフーショッピングなどのECサイトに出品している小規模店舗も対象となります。

またコンビニや外食、ガソリンスタンドといった大手系列のフランチャイズチェーンは例外的に「支払い額から2%引き」という便利な方式となっていますので、ぜひ活用したいところです。

現段階では政府ポイント還元の加盟店は決して多くはないため、よく使う場面としてとりあえず「コンビニでキャッシュレス決済したら2%引きされるんだな」「還元マークやポスターを見かけたらなるべく利用しよう」と覚えておけばOKでしょう。

 

どのキャッシュレス決済を使うかで還元方法も異なる

スマホ決済

 

「対象店舗でのキャッシュレス決済で2%もしくは5%還元」という今回の政府ポイント還元事業。

では具体的に、どのキャッシュレス決済を使うのが良いのでしょうか?

お得さという意味では「対象店舗で2%もしくは5%還元」なので、どこも基本的には同じです。

ただし具体的にどのようなかたちでポイント還元を行うかは各決済サービスごとに異なっています。

 

主なキャッシュレス決済の還元方法

大手5社カード(JCB、三井住友カード、クレディセゾン、ユーシーカード、三菱UFJニコス)
請求額から値引き

楽天カード、楽天ペイ
楽天スーパーポイントで還元

楽天Edy
楽天Edyの残高で還元

モバイルSuica
JREポイントとして還元(JRE POINTサイトやアプリへ登録済のSuicaのみ対象)

PayPay
PayPayボーナスとして還元

LINE Pay
LINE Payボーナスとして還元

Origami pay
支払い時に値引き

Kyash
Kyashポイントとして還元

 

ほとんどのキャッシュレス決済は今回の政府ポイント還元事業に対応しています。

ですから基本的にはあなたが普段使っているキャッシュレス決済をそのまま使うのが手間も少なくおすすめです。

複数のキャッシュレス決済を使っている方は上記のポイント還元の方法も参照してどれを使うかを選び分けるのも良いでしょう。

 

「結局、電子マネーやスマホ決済って今どれが一番便利なの?」という方はこちらをご覧ください。

電子マネーおすすめ比較ランキング!最強スマホ決済の種類&やり方2019

 

増税に合わせたキャンペーンが熱い!

政府ポイント還元事業でさらに注目したいのが、増税のタイミングに合わせて始まる各社のキャンペーンです。

今回の消費税増税を機に電子マネー、スマホ決済への注目はますます高まっており、各社はこれをチャンスと見て様々なキャンペーンを仕掛けますのでこちらもぜひ活用したいところです。

2019年10月から開始するキャッシュレス決済で特に注目したいキャンペーンを以下に挙げておきます。

 

  • 楽天ペイ どこでも5%還元!
  • PayPay 最大10%還元!
  • モバイルSuica 鉄道利用でずっと2%還元!

 

楽天ペイならどこでも5%還元!(実施期間10/1~12/2)

まず最もわかりやすくてお得なのが楽天ペイの「楽天ペイアプリお支払いで最大5%還元」キャンペーンです。

 

楽天ペイキャンペーン

 

これは政府から5%ポイント還元を受けられない店鋪でも楽天側が補って楽天ペイが使える店鋪ならすべての支払いを5%還元にするものです。

 

政府からのポイント還元 楽天ペイからのポイント還元 合計
政府5%還元店鋪 5% 0% 5%
政府2%還元店鋪 2% 3% 5%
その他の店鋪 0% 5% 5%

※実施期間は2019年10月1日~12月2日
※期間中3000ポイントまで
※付与されるのは2020年1月31日までの期間限定ポイント

 

例えば主要コンビニで楽天ペイを使うと、政府からのポイント還元が2%、楽天ペイからのポイント還元が3%で合計5%の楽天スーパーポイントがもらえます。

「楽天ペイが使えるお店なら政府ポイント還元に加盟してないお店でもどこでも5%還元」というわかりやすさ&お得さは他より優れており、増税後のキャッシュレス決済の第一候補にも考えられます。

また楽天ペイのチャージ元に楽天カードを設定しておけば、楽天カードの還元率1.0%も上乗せされてポイント2重取りで6%還元という驚異的なお得さとなります。

 

楽天6%還元

 

これを機に顧客満足度ナンバーワン年会費無料最も楽天ポイントが貯めやすいというメリットを持つ楽天カードを作るのもおすすめです。

 

↓楽天カードを公式サイトから申し込む↓

 

 

PayPayは5%還元加盟店で最大10%還元!(実施期間10/1~11/30)

PayPayは2019年10月より基本のポイント還元率が3%→1.5%と半減してしまいますが、そのかわり新たなキャンペーンも開始します。

それが「まちかどペイペイ」です。

政府ポイント還元5%の対象店鋪に限り、PayPayのポイント還元率も5%にアップして合計10%の還元率となります。

 

まちかど

政府からのポイント還元 PayPayからのポイント還元 合計
政府5%還元店鋪 5% 5% 10%
政府2%還元店鋪 2% 1.5% 3.5%
その他の店鋪 0% 1.5% 1.5%

※銀行チャージによるPayPay残高で支払った場合

 

ただし政府ポイント還元2%の店舗、政府ポイント還元対象外のお店はこのキャンペーンは適用外で通常のポイント還元率(銀行チャージだと1.5%)が適用されます。

楽天ペイのように「PayPayが使えるお店ならどこでも適用されるキャンペーン」というわけではありませんが、最大10%還元は魅力的ですのでぜひこちらも活用したいところです。

 

↓ 無料で始められるPayPayのアプリインストールはこちらから ↓


PayPayアプリをインストール(iPhone)


PayPayアプリをインストール(Android)

 

 

モバイルSuicaは今後、鉄道利用で2%還元に!

もうひとつ、ぜひ注目したいのがモバイルSuicaです。

 

suicaios

 

今回の消費税増税のタイミングに合わせてモバイルSuicaが画期的なサービス変更を行います。

それが「鉄道利用で常に2%還元」というものです。

 

JRE鉄道ポイント還元

 

これまでモバイルSuicaは「交通も買物も」という利便性がメリットでしたが、ポイント還元の弱さがデメリットとされていました。

しかし2019年10月からモバイルSuicaは鉄道サービスの利用(Suicaチャージや定期券購入など)に使えば独自のJREポイントが2%還元されるようになります。

 

JREポイントアプリ

 

得られたJREポイントは鉄道サービスの購入に使えます。

さらに、JRグループが発行するクレジットカードである「ビューカード」をSuicaチャージに使えばJREポイントが1.5%還元ですので、これも組み合わせることで鉄道利用での還元率は3.5%となります。

これは他の決済方法と比較してもトップクラスのお得さとなります。

 

SuicaでJREポイント2重取り

 

またビューカードをモバイルSuicaチャージに設定すると、オートチャージ機能も使えるようになります。

「いちいちチャージを気にせずにSuicaが使える」という便利さは一度使うと手放せない!と実感するほど便利ですので、これを機にビューカード+モバイルSuicaへ設定するのもおすすめです。

ちなみにビューカードにも様々な種類がありますが、当サイトでは「年会費無料」「基本還元率1.0%」と最もお得さに優れるビックカメラSuicaカードをおすすめします。

 

ビックカメラsuicaカード

主なビューカードの比較

ビックカメラsuicaカード ビュー・スイカカード ルミネカード
年会費 初年度無料。2年目以降は477円+税だが年一度使えば無料 477円+税 953円+税
通常ポイント還元率 1.0%(JREポイント0.5%+ビックポイント0.5%) 0.5%(JREポイント) 0.5%(JREポイント)
VIEWプラスサービス購入時のポイント還元率 1.5%(JREポイント) 1.5%(JREポイント) 1.5%(JREポイント)
定期券機能 なし あり あり
選ぶメリット 年会費無料で通常還元率1.0%。ビックカメラで使うと10%ポイント還元 定期機能つき 定期機能つき&ルミネで使うと5%オフ

VIEWプラスサービス=suicaチャージや定期券、特急券などのJRサービス

 

ビックカメラSuicaカードにはポイントカード機能もついており、ビックカメラで買物の際に提示すれば10%のビックポイントがもらえます。

他の2カードで利用可能なsuica定期券機能がついてないのがデメリットですが、モバイルsuicaから定期券機能を設定利用するなら何も問題はありません。

さらにビューカードはウェブ明細を利用することで毎月50ポイントのJREポイントが付与されますので、ビックカメラsuicaカードは年会費無料どころか、毎年600ポイント(suica600円ぶん)がもらえるというお得さがあります。

例えビックカメラを普段それほど利用しない方でも、「年会費無料」「鉄道利用でJREポイントが3.5%還元」「オートチャージが設定可能」は、Suicaユーザーには大きなメリットがあります。

今回の増税を機にビックカメラSuicaカード+モバイルSuicaで強力なポイント還元3.5%を利用するのも増税対策としておすすめです。

 

↓ビックカメラsuicaカードを公式サイトから申し込む↓

 

 

まとめ

2019年10月の消費税増税を機に始まる政府ポイント還元事業。

お得さはどの決済方法でも同じですので、手間も考えれば基本的には今使ってるキャッシュレス決済をそのまま使うという考え方でOKと言えます。

ただし楽天ペイ、PayPay、モバイルSuicaは今回のタイミングでお得なキャンペーンやサービス変更を行いますので、これらもぜひ活用していくことをおすすめします。

 

「結局、電子マネーやスマホ決済って今どれが一番便利なの?」という方はこちらをご覧ください。

電子マネーおすすめ比較ランキング!最強スマホ決済の種類&やり方2019

 







2019年クレジットカードランキング(カード名クリックで評価レビューへ)

カード名 評価 還元率 ポイント種類&特徴
楽天カード A+ 1% 楽天スーパーポイント 顧客満足度で10年連続1位 楽天を利用しているなら第一候補
Yahoo! JAPANカード A+ 1% Tポイント Tポイントが最も貯めやすく使いやすいバランスに優れる優良カード
リクルートカード※  A 1.2% リクルートポイント(ポンタに交換可能) 無料カードで最もポンタが貯めやすい
ピーワンウィズ A 1.5% ポケットポイント 最強クラスの還元率1.5% 1%は請求額から自動割引 リボ払い専用カード
DCカードジザイル A 1.5% DCハッピープレゼント 最強クラスの還元率1.5% ポイント交換先が豊富 リボ払い専用カード
dカード A 1% dポイント 高還元でdポイントが貯まる。docomoユーザーはポイントがケータイ料金支払いにすぐ使えて便利 年1回使えば年会費無料 ローソンが5%オフ
au WALLETクレジットカード A 1% WALLETポイント auユーザーは年会費無料&ポイントがケータイ料金支払いにすぐ使えて便利
アマゾンカード A 1% Amazonポイント Amazonで還元率1.5%にアップ Amazonで最もお得で使いやすい 年1回使えば年会費無料
レックスカード B+ 1.25% レックスポイント 高還元&ポイントが現金還元されるカード 利用額しだいで年会費無料も可
ビックカメラsuicaカード B+ 1.0% JREポイント&ビックポイント suicaつきカードで一番の還元率 オートチャージで改札が手間いらずに 年1回使えば年会費無料

印は年会費が無料 11位以降を含めた総合ランキングはこちら

おすすめクレジットカード

楽天カード

10年連続顧客満足度ナンバーワンの年会費無料カード。ポイントの貯めやすさ(楽天ポイントが還元率1%でもらえる)、使いやすさ、審査の通りやすさなど、バランスに優れる優良カード。豊富なポイントアップキャンペーンも魅力。

普段から楽天を利用する方なら第一選択肢のカード。

-電子マネー, 最新!クレジットカード関連ニュース

Copyright© クレジットカードびぎなーず! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.