結論!スマホアプリ課金&購入で登録すべきクレジットカードはこれ

更新日:

ヘッダー スマホ課金

 

スマホで課金したい!

 

スマホゲームなど、アプリをよく利用していると課金や有料アプリの購入が欠かせなくなってきます。

スマホの課金方法はiPhoneもAndroidも共通していて「プリペイドカードを使う」「クレジットカードを使う」の2つがありますが、より便利なのはクレジットカードを使った課金です。

しかし、クレジットカードに不慣れな方だと「そもそもクレジットカードって何?」「どのカードが課金に向いてるの?」と悩んでしまうことでしょう。

先に結論から言えば、スマホでの課金を考えた場合の現在のおすすめクレジットカードはヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)楽天カードです。

なぜなら、この2カードは「審査の通りやすさ」「ポイントの貯めやすさ、使いやすさ」に今、最も優れているからです。

ここでは「クレジットカードの簡単な基礎知識」と「なぜヤフーカードと楽天カードがおすすめなのか」「他カードとの違い」について具体的に述べていきます。

 

  「そもそもクレジットカードって何?」「今おすすめのカードとその理由が知りたい」という方はまずこちらからご覧ください。

2017年更新:便利さ重視!おすすめクレジットカード比較ランキング  



スポンサーリンク

 

スマホアプリの課金には2つの方法がある

スマホ

スマホのシステムはiPhoneに搭載されているiOS(アイオーエス)と、それ以外のスマホに搭載されているAndroid(アンドロイド)の2つに大別できますが、課金の方法はどちらも同じく以下の2種類です。

  • プリペイドカードによる課金(前払い)
  • クレジットカードによる課金(後払い)

 

プリペイドカードによる課金(前払い)

プリペイドカード

コンビニなどで販売されているプリペイドカードをスマホに登録して、アプリの購入・課金に使う方法です。

iPhoneの場合は「iTunesカード」が必要となります(ギフトカードとも呼ばれます)。

 

iTunesカード

 

iPhone画面から「AppStore」アプリを開き、一番下までスクロールして「コードを使う」をクリック、iTunesカードのコードをカメラで読み取るor直接入力することによって、課金できるようになります。

 

一方、Androidスマホでプリペイドカード課金する場合には「Google Playギフトカード」が必要となります。

 

Google Playギフトカード

 

「Google Playストア」アプリを開き、「メニュー」「コードを利用」と進んで、20ケタのコードを手動で入力すれば「GooglePlayの残高に¥◯◯円を追加しました!」と表示されます。

こうしてチャージしたぶんだけ課金できるようになります。

~~~

iPhoneにしろAndroidスマホにしろ、プリペイドカードによる課金は未成年者などクレジットカードを持てない人でも使えるのが一番のメリットです(クレジットカードは18才以上から作ることが可能)。

ただし「お店でプリペイドカード購入→スマホにコード入力→課金」と手間がかかるうえに、残高がなくなるたびに同じことを繰り返さなくてはならず、はっきり言って面倒くさいです。

クレジットカードを持てる方であれば、以下に述べるようにクレジットカードで課金するほうがずっと便利でおすすめです。

 

クレジットカードによる課金(後払い)

クレジットカード

では、そもそもクレジットカードって何でしょう?

簡単に言えば「使ったぶんを後で銀行口座から引き落とすカード」です。

例えばコンビニの支払い時に現金ではなくクレジットカードを渡せば、専用機にカードを通すだけで支払いが完了しますし、Amazonなどのネットショッピングでもカード情報をあらかじめ登録しておけば即座に支払いを完了させることができます。

支払ったお金は後日にまとめて指定した銀行口座から引き落とされます(翌月の一括払いが一般的)。

 

一括払い

 

スマホアプリで課金する場合でも、スマホにカード情報を登録しておけばすぐ支払いが完了するのでとても便利です。

 

※iPhoneでクレジットカードを登録する手順
iPhoneのホーム画面から「設定」→「iTunes StoreとApp Store」→「Apple ID」→「お支払情報」を選択してカード情報を登録。

※Androidでクレジットカードを登録する手順
「GoogleWALLETにログイン」「メニュータブからお支払い方法を選ぶ」「クレジットカード登録画面」を選択してカード情報を入力。

 

一度クレジットカード情報を登録してしまえば、その後は何度でもすぐ課金できて、利用額は後日に指定の口座から引き落とされます。

とても簡単&スムーズですので、スマホで課金するならクレジットカードは必須と言えるでしょう。

 

登録するクレジットカードはどれを選ぶべき?

選ぶ

では、スマホアプリ用に登録するクレジットカードはどんなものを選べば良いのでしょうか?

当サイトでは「使いやすさ重視」のクレジットカード選びとして、以下の4つを挙げています。

  • 審査が通りやすく作りやすい
  • 入会費&年会費が無料
  • ポイントが貯めやすく
  • 使いやすい(ポイント種類&還元率)

これは、スマホアプリ用のクレジットカード選びでもそのまま当てはまります。

クレジットカードは年会費が「有料」「無料」のものに分けられ、有料カードのほうがサービスは充実する傾向にありますが、ネット決済での利用を中心に考えるなら無料カードでも十分です。

また、審査も通りやすくてスピーディーなものが望ましいです。

そして、付与されるポイントは「貯まりやすさ(還元率)」と「使いやすさ」を重視すべきです。

クレジットカードは「現金が不要」という手軽さも魅力ですが、同じくらい重視したいのがこのポイント還元です。

 

ポイント

 

例えばポイント還元率1%のクレジットカードであれば、100円の支払いあたり1円ぶんのポイントが付与され、そのポイントをまたお買い物や各種サービスに使うことが可能です。

付与されるポイントの種類と還元率はカードごとに異なっており、ここがクレジットカードを選ぶ際の注目ポイントとなります。

現在、当サイトが選ぶベスト10クレジットカードのポイント種類と還元率は以下のようになります。

 

2017年クレジットカードランキングベスト10(カード名クリックで評価レビューへ)
カード名 評価 ポイント還元率 ポイントの種類
ヤフーカード A+ 1% Tポイント
楽天カード A+ 1% 楽天ポイント
DCカードジザイル A 1.5% DCハッピープレゼント
ピーワンウィズ A 1.5% ポケットポイント
リクルートカード A 1.2% リクルートポイント(ポンタ)
dカード A 1% dポイント
au WALLETクレジットカード A 1% WALLETポイント
アマゾンカード A 1% Amazonポイント
エクストリームカード B+ 1.5% エクストリームカードポイント
レックスカード B+ 1.5% レックスポイント
印は年会費が無料。11位以降を含めた総合ランキングはこちらから

 

この中でもスマホアプリへの課金をきっかけにしてクレジットカードを持つ方には、ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)楽天カードをまずおすすめします。

 

ヤフーカードの特徴は?

2カード

ヤフーカードをおすすめする一番の理由は「審査の通りやすさとスピード」です。

ヤフーカードは学生や主婦でも審査が通りやすく、特に最短2分で審査完了というその早さが有名です。「なるべく早くカードが欲しい」という方にはうってつけです。

そして、ヤフーカードは日本最大のポイントサービスであるTポイントが最も高い還元率(1.0%)で付与されるのもメリットです。

 

Tポイント

 

Tポイントとは、いま最も普及している共通ポイントサービスのひとつであり、TSUTAYA、ファミリーマート、吉野家、ソフトバンクなど豊富な加盟店で使えるのが特徴です。

ヤフーカードは「Tポイントカード一体型クレジットカード」ですので、Tポイント加盟店で支払いに使うと「クレジットカード払いによるポイント」に加えて「Tポイントカード提示によるポイント」の二重取りが可能となります。

 

Tカード一体型

 

例えばファミリーマートでヤフーカードを使うと、「カード払いによるポイント(1.0%)」+「Tポイントカード提示によるポイント(0.5%)」で還元率は1.5%になります。

  • 審査が通りやすくてスピーディー
  • 使える場所の多いTポイントが貯めやすい

これらのメリットを持つヤフーカードは年会費無料のカードとしてトップクラスに優れており、iPhoneアプリの課金用に登録するクレジットカードとしては第一候補となります。

 

↓ヤフーカードを公式サイトから申し込む↓

 

楽天カードとは

楽天カード

楽天市場など、楽天のサービスを普段から使っている方なら楽天カードもおすすめです。

楽天カードもヤフーカードと同じく年会費無料、審査に通りやすいことで有名です。

そして楽天カードによる支払いでもらえるのは、楽天グループすべてのサービスで利用できる楽天ポイントです(還元率1.0%)。

 

楽天ポイント

 

この楽天カードの最大のメリットは、豊富なポイントアップキャンペーンにあります。

楽天カードは日常的に様々なポイントアップキャンペーンを行っており、例えば現在、楽天カードを使って楽天市場で買い物をするとポイント還元率が最大で7倍にもなります。

 

7倍セール

 

もともとの還元率1.0%でも十分お得ですが、これらのポイントアップキャンペーンを積極的に利用することで、さらにお得にポイントを貯めていくことが可能です。

「楽天で普段から買物をする」という方にとってはヤフーカードよりも価値の高いカードと言えます。

 

↓楽天カードを公式サイトから申し込む↓

 

まとめ

スマホアプリに課金するなら、iPhoneであれAndroidスマホであれ、クレジットカードを使うのが最も便利です。

そしてスマホに課金することをきっかけとしてクレジットカードを作る場合、重視すべきは以下の4つです。

  • 審査が通りやすく作りやすい
  • 入会費&年会費が無料
  • ポイントが貯めやすく
  • 使いやすい(ポイント種類&還元率)

そして、これを主な目的としてクレジットカードを作るならヤフーカード、楽天カードが第一候補となります。

ただしスマホへの登録は基本的にどのクレジットカードも可能ですので、それぞれの違いにこだわって選びたいなら当サイトの比較ランキング、評価レビューも参照してみることもおすすめします。

 

↓ヤフーカードを公式サイトから申し込む↓

 

↓楽天カードを公式サイトから申し込む↓

 


今一番お得なのは?2017年最新クレジットカードランキングを見る

楽天カードとヤフーカードが最強クレジットカードである4つの理由とは?







ランキング表

2017年クレジットカードランキング(カード名クリックで評価レビューへ)

カード名 評価 還元率 ポイント種類&特徴
ヤフーカード A+ 1% Tポイント Tポイントが最も貯めやすく使いやすいバランスに優れる優良カード 最短2分で審査通過
楽天カード A+ 1% 楽天ポイント 7年連続顧客満足度1位を獲得 楽天を利用しているなら第一候補
DCカードジザイル※  A 1.5% DCハッピープレゼント 最強クラスの還元率1.5% ポイント交換先が豊富 リボ払い専用カード
ピーワンウィズ A 1.5% ポケットポイント 最強クラスの還元率1.5% 1%は請求額から自動割引 リボ払い専用カード
リクルートカード A 1.2% リクルートポイント(ポンタに交換可能) 無料カードで最もポンタが貯めやすい
dカード A 1% dポイント 高還元でdポイントが貯まる。docomoユーザーはポイントがケータイ料金支払いにすぐ使えて便利 年1回使えば年会費無料 ローソンが5%オフ
au WALLETクレジットカード A 1% WALLETポイント auユーザーは年会費無料&ポイントがケータイ料金支払いにすぐ使えて便利
アマゾンカード A 1% Amazonポイント Amazonで還元率1.5%にアップ Amazonで最もお得で使いやすい 年1回使えば年会費無料
エクストリームカード B+ 1.5% エクストリームポイント 高還元&ポイントの使いみちが豊富 利用額しだいで年会費無料も可
レックスカード B+ 1.5% レックスポイント 高還元&ポイントが現金還元されるカード 利用額しだいで年会費無料も可

印は年会費が無料 11位以降を含めた総合ランキングはこちら

おすすめクレジットカード

ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)

Tポイントが最も貯めやすく使いやすい年会費無料カード。高い還元率(1%)で審査も通りやすく、最短2分で審査完了するスピーディーさが評判。楽天よりもTポイントをよく利用する方なら第一選択肢のカード。

楽天カード

7年連続顧客満足度ナンバーワンの年会費無料カード。ポイントの貯めやすさ(楽天ポイントが還元率1%でもらえる)、使いやすさ、審査の通りやすさなど、バランスに優れる優良カード。豊富なポイントアップキャンペーンも魅力で普段から楽天を利用する方なら第一選択肢のカード。

-クレジットカードの基礎知識&活用法
-

Copyright© クレジットカードびぎなーず! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.