ソフトバンクカードとは?今はヤフーカードがより優れている理由

更新日:

公式サイト

 

Tポイントが貯まるプリペイドカード!

 

ケータイ大手のひとつ、ソフトバンクが発行している「ソフトバンクカード」は、クレジットカードではなくチャージ型のプリペイドカードとなっています。

その特徴は高い還元率1.0%でTポイントを貯められる点にあり、プリペイドカードなのでクレジットカードより持ちやすいのもメリットのひとつです。

特に普段からTポイントを貯めているソフトバンクユーザーなら、気になるところだと思います。

ただし「Tポイントがよく貯まるカード」としては、人気のクレジットカード「ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)」もあり、今はこちらのほうが便利さで上回っているため、当サイトでは基本的にヤフーカードのほうをよりおすすめしています。

ではソフトバンクカードの特徴、ヤフーカードなどを始めとするクレジットカードとの違い、選び分けポイントはどこにあるのでしょうか?

以下に述べていきます。

 

  「そもそもクレジットカードって何?」「今おすすめのカードとその理由が知りたい」という方はまずこちらからご覧ください。

2017年更新:便利さ重視!おすすめクレジットカード比較ランキング  



スポンサーリンク

 

ソフトバンクカードとは?

カード

改めてソフトバンクカードとは、ソフトバンクユーザーだけが申し込めるチャージ型プリペイドカードの一種です。

チャージしたお金は「バリュー」と呼ばれます。

「VISA」のロゴが入っていて見た目はまるでクレジットカードのようですが、クレジットカードとは仕組みが異なる別モノです。

クレジットカードは「先に支払って、後日に口座から引き落とされる」仕組みですが、ソフトバンクカードはプリペイドカードですので原則として「先に一定の金額をチャージして支払いに使う」仕組みとなっています。

「suicaやPASMO、nanacoと同じ」と考えればわかりやすいと思います。

 

スイカとナナコ

 

「VISA」のロゴが入っているのは「VISA加盟店であればどこでも使える」という意味であり、使い方としてはクレジットカードと同じようにカードを読み取ってもらうことで支払いが完了します。

ソフトバンクカードの残高や利用履歴は専用サイト、スマホアプリから簡単に確認することが可能です。

そしてソフトバンクカードで支払えば、200円あたり1ポイントのTポイントがもらえます(還元率0.5%)

 

Tポイント

 

Tポイントとは日本最大級の共通ポイントサービスであり、コンビニやスーパーなど様々なお店・サービスで貯める、使うことが可能です。

主な提携店舗は以下の通りです。

  • TSUTAYA
  • ファミリーマート
  • 吉野家
  • 三越
  • 伊勢丹
  • ヤフーショッピング、LOHACO
  • マルエツ
  • スリーエフ
  • ジョナサン
  • スポーツデポ
  • ドラッグイレブン
  • その他多数

ソフトバンクカードはTポイントカードの機能も一体となっていますので、これらの加盟店で支払いに使えば「Tポイントカード提示」によるポイントももらえます。

 

「ソフトバンクカードの支払いでもらえるTポイント」+「加盟店でもらえるTポイント」

 

キャンペーンをしているお店によっては、最大1.5~2.0%もの高還元率となります。

 

ポイント3倍

 

もともとソフトバンクではケータイ料金を払うと1000円あたりTポイントが5ポイントもらえますので、普段の買物でソフトバンクカードを使ってもらえるぶんも合わせれば、よりTポイントが貯めやすくなります。

つまりソフトバンクカードとはソフトバンクユーザー向けによりTポイントを貯めやすくした、Tポイントカード機能つきプリペイドカードなのです。

 

「おまかせチャージ」で還元率が2倍の1.0%にアップ!

ソフトバンクカードによる支払いでもらえるTポイントは200円あたり1ポイント(還元率0.5%)ですが、これをさらにアップさせる方法があります。

それはチャージの方法に「おまかせチャージ」を使うことです。「おまかせチャージ」を使うことで還元率は1.0%にアップします。

 

チャージ

 

まずソフトバンクカードにチャージする方法には主に以下のものがあります。

  • 銀行から振り込む
  • 「ソフトバンクまとめて支払いチャージ」でケータイ料金と一緒に払う
  • Tポイントでチャージする
  • 「おまかせチャージ」を使う

このうち「おまかせチャージ」とは、支払い時に自動的に必要な金額がチャージされる仕組みです。

  • 8000円の買物で残高0円の時は8000円が自動チャージ
  • 8000円の買物で残高3000円の時は5000円が自動チャージ

そしてチャージされた金額は1ヶ月ごとに口座からまとめて引き落とされます。つまり「おまかせチャージ」とは、よりクレジットカードに近いかたちでのチャージ方法です。

「おまかせチャージ」を使うことによってソフトバンクカードは

  • 事前にチャージする手間が省ける
  • 還元率が1.0%にアップ

と、より便利な使い方が可能となります。

ソフトバンクカードを使うなら「おまかせチャージ」を使うのが最もおすすめです。

 

クレジットカードとどっちが便利なの?

選ぶ

では、チャージ型プリペイドカードであるソフトバンクカードと、その他の一般的なクレジットカードとの違いはどこにあるのでしょうか?そして、どう選び分ければ良いのでしょうか?

当サイトでは、現在のおすすめクレジットカードトップ10を以下の通りとしています。

 

※2017年クレジットカード総合トップ10(カード名クリックで評価レビューへ)
カード名 評価 還元率 ポイント種類&特徴
ヤフーカード A+ 1% Tポイント Tポイントが最も貯めやすく使いやすいバランスに優れる優良カード 最短2分で審査通過
楽天カード A+ 1% 楽天ポイント 7年連続顧客満足度1位を獲得 楽天を利用しているなら第一候補
DCカードジザイル※  A 1.5% DCハッピープレゼント 最強クラスの還元率1.5% ポイント交換先が豊富 リボ払い専用カード
ピーワンウィズ A 1.5% ポケットポイント 最強クラスの還元率1.5% 1%は請求額から自動割引 リボ払い専用カード
リクルートカード A 1.2% リクルートポイント(ポンタに交換可能) 無料カードで最もポンタが貯めやすい
dカード A 1% dポイント 高還元でdポイントが貯まる。docomoユーザーはポイントがケータイ料金支払いにすぐ使えて便利 年1回使えば年会費無料 ローソンが5%オフ
au WALLETクレジットカード A 1% WALLETポイント auユーザーは年会費無料&ポイントがケータイ料金支払いにすぐ使えて便利
アマゾンカード A 1% Amazonポイント Amazonで還元率1.5%にアップ Amazonで最もお得で使いやすい 年1回使えば年会費無料
エクストリームカード B+ 1.5% エクストリームポイント 高還元&ポイントの使いみちが豊富 利用額しだいで年会費無料も可
レックスカード B+ 1.5% レックスポイント 高還元&ポイントが現金還元されるカード 利用額しだいで年会費無料も可
印は年会費が無料 11位以降を含めた総合ランキングはこちら

 

クレジットカード選びで最も重視すべきは「ポイント還元率の高さ」「ポイントの使いやすさ」です。

当サイトでは、大手の共通ポイントサービスが高還元率で貯められて審査にも通りやすい楽天カード(楽天ポイント)、ヤフーカード(Tポイント)をまず第一におすすめしています。

 

楽天カード&ヤフーカード

参照
楽天カード、ヤフーカードがベストである4つの理由とは?

 

ただし還元率の高さにこだわりたいなら、1.5%のピーワンウィズDCカードジザイルなども候補となります。

ソフトバンクカードの「還元率1.0%」「Tポイントが貯まる」という特徴に最も近いのはヤフーカードであり、この2つを比較すると以下の通りとなります。

 

ソフトバンクカード ヤフーカード
カード種類 プリペイドカード クレジットカード
申込資格 12才以上のソフトバンクユーザー 18才以上
還元率 1.0%(おまかせチャージ) 1.0%
ポイント種類 Tポイント Tポイント
年会費・登録費用 無料 無料
ヤフーショッピング、LOHACOでの買物 キャンペーンでポイントアップ 常時ポイント3倍
ApplePay対応

 

正直ほとんど差は見られませんが、ソフトバンクカードの「おまかせチャージ」を設定する手間、ヤフーカードのヤフーショッピングでの常時ポイント3倍を考えると、使いやすさではヤフーカードのほうがより上回っていると言えます。

一方、ソフトバンクカードは「18才未満でも持てる」「ApplePay(iphoneのモバイル決済サービス)対応」などの特徴がありますので、ここに必要性を感じるなら検討する価値があります。

 

まとめ&どんな人が使うべき?

高い還元率で様々な場所で使えるTポイントが貯められることにメリットがあるソフトバンクカード。

ただし現状では「Tポイントが貯まるカード」としてはヤフーカードがより優れているため、そちらのほうがよりおすすめです。

 

↓ヤフーカードを公式サイトから申し込む↓

 

また、ヤフーカード以外にも高い還元率でポイントが貯められるクレジットカードは色々あり、ポイント種類やそのメリット・デメリットも様々です。

「普段の支払いでお得にポイントを貯めて節約したい」と考えるなら、ぜひ当サイトの比較ランキング、評価レビューも参照してみることをおすすめします。


今一番お得なのは?2017年最新クレジットカードランキングを見る

楽天カードとヤフーカードが最強クレジットカードである4つの理由とは?







ランキング表

2017年クレジットカードランキング(カード名クリックで評価レビューへ)

カード名 評価 還元率 ポイント種類&特徴
ヤフーカード A+ 1% Tポイント Tポイントが最も貯めやすく使いやすいバランスに優れる優良カード 最短2分で審査通過
楽天カード A+ 1% 楽天ポイント 7年連続顧客満足度1位を獲得 楽天を利用しているなら第一候補
DCカードジザイル※  A 1.5% DCハッピープレゼント 最強クラスの還元率1.5% ポイント交換先が豊富 リボ払い専用カード
ピーワンウィズ A 1.5% ポケットポイント 最強クラスの還元率1.5% 1%は請求額から自動割引 リボ払い専用カード
リクルートカード A 1.2% リクルートポイント(ポンタに交換可能) 無料カードで最もポンタが貯めやすい
dカード A 1% dポイント 高還元でdポイントが貯まる。docomoユーザーはポイントがケータイ料金支払いにすぐ使えて便利 年1回使えば年会費無料 ローソンが5%オフ
au WALLETクレジットカード A 1% WALLETポイント auユーザーは年会費無料&ポイントがケータイ料金支払いにすぐ使えて便利
アマゾンカード A 1% Amazonポイント Amazonで還元率1.5%にアップ Amazonで最もお得で使いやすい 年1回使えば年会費無料
エクストリームカード B+ 1.5% エクストリームポイント 高還元&ポイントの使いみちが豊富 利用額しだいで年会費無料も可
レックスカード B+ 1.5% レックスポイント 高還元&ポイントが現金還元されるカード 利用額しだいで年会費無料も可

印は年会費が無料 11位以降を含めた総合ランキングはこちら

おすすめクレジットカード

ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)

Tポイントが最も貯めやすく使いやすい年会費無料カード。高い還元率(1%)で審査も通りやすく、最短2分で審査完了するスピーディーさが評判。楽天よりもTポイントをよく利用する方なら第一選択肢のカード。

楽天カード

7年連続顧客満足度ナンバーワンの年会費無料カード。ポイントの貯めやすさ(楽天ポイントが還元率1%でもらえる)、使いやすさ、審査の通りやすさなど、バランスに優れる優良カード。豊富なポイントアップキャンペーンも魅力で普段から楽天を利用する方なら第一選択肢のカード。

-ヤフーカード関連, クレジットカードの基礎知識&活用法
-,

Copyright© クレジットカードびぎなーず! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.